Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

少子化・ジェンダー

[再掲]少子化対策のパラドクス

赤川学の少子化対策のパラドクスに関するコラムが始まるようなので、 【「1.57ショック」から何が変わったのか…】こんなに少子化対策している日本で、子どもが増えない厄介な矛盾 https://t.co/rzbfwy0nWw #現代ビジネス — 現代ビジネス (@gendai_biz) 2017…

Googleエンジニア解雇事件と二つの多様性

最初に質問です。 AとBのどちらのパターンが「多様」でしょうか? Googleを解雇されたJames Damore(⇩twitterアカウント)を支持する意見が、科学的・理性的な人々から出てきています。 twitter.com Google's CEO has violated the company's code of conduc…

Googleを解雇されたエンジニアの主張はニセ科学か?

「Googleは男女の先天的な分布の違いをダイバーシティに反映させるべき」とのメモを作成したエンジニアJames Damoreは解雇されてしまいましたが、原文が公開されたことで、マスメディアの"anti-diversity"や「根拠を欠いた一方的な内容」などの報道がフェイ…

Google社員の多様性イデオロギー批判

Googleのエンジニアの会社批判が話題になっています。 グーグルのダイバーシティー、男女の違い無視と男性従業員-幹部反論 https://t.co/CKvlWD9q0P pic.twitter.com/yWLhdvY8lc — ブルームバーグニュース日本語版 (@BloombergJapan) 2017年8月7日 エンジニ…

アラサーの扱いが男女で異なる理由

アラサーの扱いが男女で異なるのはなぜとの疑問ですが、 なぜアラサー男性は「若手」で、アラサー女性は「おばさん」扱いなのか? 「ロリコン大国・日本」も影響か https://t.co/sMTwSk9hta — キャリコネニュース (@kigyo_insider) 2017年6月17日 この答えは…

女が稼ぐほど結婚できなくなる必然

最近、女の上方婚志向が非婚化の一因とする記事が増えてきたようです。 toyokeizai.net 当ブログでは既に多くの記事を書いていますが、簡単にまとめてみます。 結婚相手の条件として重視する項目には、男女で著しい違いがあります。 女の経済力重視は、学歴…

[グラフ]日本の将来推計人口

国立社会保障・人口問題研究所から新しい人口推計が公表されたので、出生中位・死亡中位推計をグラフにしてみます。 「出生率が現状で推移したらどうなるか」が分かります。

「人口減少」と嘆く前に知っておきたい現実的な話

社会学者の赤川学が当ブログと同じようなことをインタビューで語っているので、過去記事の繰り返しになりますが検証します。 前編の非婚化のメカニズム解説は概ね妥当です。 「私たちのまわりに“いい男”がいない理由」を社会学の先生に聞いてきました|ウー…

男の3人に1人を生涯未婚にする思想

問題提起としてはよいものの、突っ込み不足の記事です。 business.nikkeibp.co.jp 未婚者の激増の根本原因は、男が大黒柱になるモデルを崩したことです。

寂しい超ハイスペック女子

超ハイスペック女子の山口さんの連載が始まりました。 www.gentosha.jp そうか、もしかしたら、私この先ずっと一人なのかもしれないと、思いついた。これから先、結婚することがあるかもしれないけど、それはラッキーくらいに思わなきゃいけなくて、基本線と…

「職業別・年収別の未婚率」と女の上方婚志向

舞田の解釈は例によって出鱈目ですが、データは参考になるので取り上げます。 president.jp 医師は性差が大きくなっています。男性が6.1%なのに対し、女性は28.7%です。高収入ということがあるでしょうが、超激務ゆえに家事・育児との両立が困難なためと思…

北欧諸国が証明する男女の「本性」の違い

「男女差は社会的に作られたもの」と主張する社会学者やリベラルが理想とするのが男女同等化(ジェンダーフリー)を国是とする北欧諸国ですが、その北欧からは男女差が遺伝的なものであるという彼らにとっては不都合な真実(一般人にとっては当たり前)が次…

「働き方革命」の大きな代償

安倍政権が強力に推し進める「女の社会進出」が格差社会/賃金奴隷を必要とすることを示す記事です。 www.huffingtonpost.jp 第二次世界大戦後の先進国でメイドが減ったのは「ボーモルのコスト病」のためです。Baumol(1922年生)も著書に自身の経験を書いて…

出生数が100万人を割る~その根底にある「思想」とは

厚生労働省が、今年の出生数が100万人を割り込むとの推計を発表しました。 www.sankei.com

[グラフ]日本の高出生率地帯

2015年の合計出生率は1.45で前年の1.42から上昇しました。1984年(1.81)→2005年(1.26)の長期低下トレンドからの反転上昇が続いています。 しかし、このリバウンドもそろそろ終わりに近いと見られます。

東洋経済「人口急減の恐怖」を勝手に補足

東洋経済の「人口急減の恐怖」に関する記事に勝手に補足します。 toyokeizai.net 森田:推計ですが、2060年でいちばん多い年齢層は86歳なんです。 2015年と2060年の各年齢のグラフです。*1 *1:104歳まで。男はマイナス表示。

途上国からの出稼ぎメイドと経済格差肯定の論理

ひとつ前の記事の補足です。 シンガポールと同様、香港でもインドネシア人やフィリピン人のメイド(foreign domestic helper)を雇うことは普通です。 これに肯定的な人は、 香港人は家事を安価にアウトソースできる メイドは自国で働くよりも多く稼げる こ…

香港のメイドとキャリアウーマン

香港ではインドネシア人やフィリピン人の外籍家庭傭工(foreign domestic helper)=メイドのブラック労働がキャリアウーマンを助けています。 www.forbes.com Domestic workers also contribute to the Hong Kong economy, allowing both parents to work b…

エリート女は専業主夫を選ばない

日本の女の下方婚嫌いを示す記事です。 style.nikkei.com 山口さんが結婚相手として求める男性は「高学歴のエリートなんかではなく、仕事もちゃんとして、家事にも参加してくれる普通の人」だ。「それは私のわがままなのだろうか。結局、自分も都合のいい男…

[グラフ]未婚率~2015年国勢調査より

総務省から「平成27年国勢調査」の人口等基本集計結果が公表されたので、日本人の未婚率をグラフにしてみます。 2010年と比べると、女は30代後半以降、男は40代以降で未婚率が上昇しています。

男女の結果平等とは男のdisempowerment

「日本は男女差別が激しい国」の根拠とされる世界経済フォーラムのジェンダー・ギャップ指数(GGI)に関する一つ前の記事に補足します。 totb.hatenablog.com GGIの問題は、男女共に潜在能力を発揮できるようになる(エンパワメントの水準が高くなる)ほど、…

世界経済フォーラムの「ジェンダー・ギャップ指数」の裏には強欲なグローバル企業

毎年恒例の記事に少しコメントします。 www.asahi.com 上位10か国は以下の通りです。 アイスランド フィンランド ノルウェー スウェーデン ルワンダ アイルランド フィリピン スロベニア ニュージーランド ニカラグア 大虐殺のあったルワンダや「麻薬戦争」…

学校教育と非婚化・少子化

一つ前の記事の続きです。 「恋愛心理学の権威」が教育の弊害を指摘しています。 president.jp 男女が違うということに気が付かない理由として、教育が挙げられます。学校で「男女は平等だ」ということを教えられるために、それがやがては「男女は同じである…

ポリコレによる「超少子化」という死に至る病

「超少子化の処方箋は20年以上前に見つかっている」のだそうです。 www.buzzfeed.com 「超少子化の処方箋は20年以上前に見つかっているんです。実行できていないだけ」 【少子化の原因と背景】 夫婦や家庭の問題ではなく、国や自治体、企業を巻き込む必要が…

高校生の出産/学業両立と少子化は無関係

妊娠した女子生徒に休学を勧めた高校が批判されているそうです。 www.j-cast.com 当初休学を勧めた学校側がこうした対応を取ったのは、女子生徒が同級生との卒業を望んだためだ。学業と出産・子育ての両立は難しい面もあり、その後、女子生徒は休学を選択し…

男女共同参画社会は格差社会

日本経済が停滞を続ける根底には、「儲かっても従業員に分配する必要はない」という思想(観念)が浸透したことがあります。*1 失われた〈20年〉作者: 朝日新聞「変転経済」取材班出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2009/02/26メディア: 単行本購入: 1人 ク…

進歩的社会における女の配偶者選択の先祖返り

霊長類学者の分析に基づくと、 あなたのなかのサル―霊長類学者が明かす「人間らしさ」の起源作者: フランス・ドゥヴァール,Frans de Waal,藤井留美出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2005/12メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 10回この商品を含むブログ (…

非婚化・少子化に関する記事へのコメント

非婚化や少子化を巡っては「嘘・大げさ・紛らわしい*1」主張が溢れています。「男女に生まれつきの違いはない」というポリコレ*2信者の信念が、「一夫一妻・男女分業」という人間の生物学的な基本形に反するため、嘘を強弁せざるを得ないためです。 先日には…

高望みで「揺れるキャリア女子」

今週の週刊東洋経済の「生涯非婚」特集と対になるような記事です。 news.yahoo.co.jp 仕事と結婚の両立はなぜ、難しいのだろう。…「キャリアも結婚も」を目指す当の女性たちはどんな葛藤を抱えているのか。その思いを聞いた。 この件については2年近く前に書…

東洋経済の「生涯非婚」特集

今週の週刊東洋経済が「生涯未婚」を特集しています。 toyokeizai.net これは正論でしょう。 育児に対する社会的サポートの不足を少子化の要因とする議論が改めて高まっている。だが人口動態的にみると、すでに結婚している人への支援はやらないよりやったほ…