読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

国債暴落論者の軌道修正

過去記事 で取り上げた「インフレ→金利高騰→国債暴落→経済危機」を唱える論者が軌道修正しているのでご紹介します(下のリンク先記事の4ページ目)。

過去記事では、国債暴落論のおかしな点について以下のように指摘しました。

  • 円安予想を引き金として国内の銀行が国債の投げ売りに転じることはない。
  • 国債は時価評価しなくてよい。時価評価による含み損は満期まで保有すれば消失する。
  • 銀行は資産と負債の期間を対応させる資産負債管理(ALM)を行っており、国債価格下落リスクは織り込み済み。

リンク先のインタビュー記事ではほぼ同内容が話されています。これは、著者が出版後に誤りを指摘されて気付いたか、危機を煽ったほうが本の売り上げ増につながるため、わざと誤った主張をしていたかのどちらかを意味します。どちらにしても困ったものです。