読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

アプリ紹介:KALQ Keyboard

面白そうな文字入力支援アプリのご紹介です。

モバイル機器でより効率的なアルファベット入力を行いたい人向けのAndroid用無料アプリが登場間近だそうです(追記:こちらで公開されました)。主にモバイル向けということで、両手の親指二本で入力するのが特徴です(詳しくはリンク先の画像)。KALQというネーミングは右下の配列から。

キーボード配列は、歴史的経緯から非効率的なものに固定化(経路依存によるロックイン)されているため[1]、入力時にストレスを感じる人も多いと思われます。また、タッチスクリーンではブラインドタッチによる高速入力が困難なことも問題でした。

この度登場するKALQ Keyboardでは、母音(aeiou)をすべて右側に配置するなどにより、QWERTY配列を34%上回る入力速度を実現したとのことです。

ただし、英語入力に最適化されているようなので、日本語入力にどの程度役立つかは不明です。

 

追記

[1]タイプライターのバーが絡まってしまうことを避けるために、意図的に高速打鍵しにくい配列にしたというのが定説ですが、実はそうではない、という説が京都大学の研究者によって唱えられています。モールス信号の受信機として発達した結果がQWERTY配列ということです。