読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

結婚相手が不足する上の女と下の男

人口・少子化

6/23【リッチ女性の「美味しい男」獲得競争がもたらす非婚化・少子化】では、女の要求水準が上昇すれば、序列の低い男と序列の高い女が相手を見つけられなくなることを説明しました。

問題は、女の要求水準の上昇に合わせて男の水準は上昇しないことです。そのため、不合格となる男と、「美味しい男」の獲得競争に敗れる女が必然的にあぶれます。

これは男女の地位の同等化が進んだ国に共通する普遍的現象です。日本ではセンシティブとされるためか少子化の議論においてあまり語られませんが、外国では常識です。日本よりも合計出生率が低く(2011年:1.20)出生率引き上げを国家的優先事項と位置付けるシンガポールの"CENSUS of population 2010"には

Singlehood was most prevalent among citizen males with below secondary qualifications and graduate citizen females.

と明記されています。男は学歴が高いほど未婚率が低く、女はその逆であることがグラフから一目瞭然です(学歴も序列の一つです)。

f:id:prof_nemuro:20130630130419g:plain

[学制(中等未満*1、中等*2、中等以上*3、専門*4、大学*5)は注釈を参照]

この男女の非対称の原因を儒教の男尊女卑文化に求めようとする論者がいますが、儒教文化とは無縁で男女平等で世界最先端を行くノルウェーでも似た現象が起こっています。ノルウェー北海油田で富裕化する前の1960年代までは、国際結婚といえば「ノルウェー女+ノルウェー男より高レベルの外国人男」でしたが、近年では「ノルウェー女の相手がいない男+外国人女」となっています。女の地位向上→男女のミスマッチ増大は普遍的現象なのです。

f:id:prof_nemuro:20140608001903g:plain

このミスマッチが存在する分、出生率低下は不可避ということになります。

totb.hatenablog.com

wedding.excite.co.jp

gendai.ismedia.jp

<おまけ> シンガポールの出産促進キャンペーン

www.youtube.com

*1:Below Secondary

*2:Secondary

*3:Post-Secondary (Non-Tertiary)

*4:Professional Qualification and Other Diploma

*5:University