読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ゲティスバーグの戦いを将軍の視点で見る

政治・歴史・社会

南北戦争最大の激戦のゲティスバーグの戦いから150年ということで、アメリカでは報道が盛り上がっていますが、その中で面白い記事があったので紹介します。

当時の等高線データなどから地理情報システム(GIS)で戦場の地形を再現することで、各時点で各将軍がどのような情景を見ていたかが分かります。

南軍が壊滅的な打撃を受けた突撃(Pickett’s Charge)をリー将軍が命じたのは、将軍の位置からは丘の陰に多勢の北軍が潜んでいることが見えなかったため、北軍の戦力を過小推計していたことなどが伺えます。

日本人にはあまりなじみのない南北戦争ですが、最新の研究を踏まえた興味深い記事も見つかるので、探して読んでみてはいかがでしょうか。