読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

S&Pのレポート:銀行は超過準備を貸し出せない

金融

ケインズが1936年に『雇用・利子および貨幣の一般理論』を著した背景には、それまでの主流経済学が大恐慌からの脱却を妨げていたことがあります。現在、世界の多くの国が大恐慌以来の世界不況からの完全脱却を果たせていませんが、その背景にも「いかれた経済学」があると考えることが可能でしょう。(強調は引用者、以下同)

Indeed the world is ruled by little else. Practical men, who believe themselves to be quite exempt from any intellectual influences, are usually the slaves of some defunct economist. Madmen in authority, who hear voices in the air, are distilling their frenzy from some academic scribbler of a few years back.

現在、多くの国で正しいと信じられている「量的緩和財政均衡」こそ「いかれた経済学」の産物と言えます。これらに関する誤解については、7/23【日銀理論は地動説、世界標準理論は天動説】、7/25【貨幣乗数の(よくある誤った)説明】、8/9【政府の負債という「幽霊」を恐れる愚】などで解説しましたが、金融業界の主流派に属する格付け会社のスタンダード&プアーズから金融に関するほぼ同内容のリサーチレポートが発表されているので紹介します。

貨幣乗数理論では、中央銀行がマネタリーベースを供給しなければ銀行は貸出によって預金を創造できないことになりますが、「貸出が先、マネタリーベース調達が後」が現実の銀行の行動です。従って、マネタリーベースのマネーストック(現金+預金)への拡大率としての貨幣乗数など存在しません。

[p.4]

But the money multiplier has not collapsed because it was never there in a meaningful sense to begin with. Rather a ratio of two loosely connected numbers has fallen dramatically because the denominator was dramatically increased.

準備預金(日本では日銀当座預金)残高は中央銀行のオペレーション、市中の現金需要、政府の対民間収支によって変化するものであり、銀行は直接コントロールできません。銀行は超過準備を貸し出せないということです。

[p.6]

Most importantly, banks cannot cause the amount of reserves at the central bank to fall by "lending them out" to customers. [...] To express wonder that banks don't lend out their reserves or that they park them at the central bank is to fundamentally misunderstand the balance-sheet mechanics of credit creation and how QE works.

中央銀行は銀行の需要に応じていくらでも準備預金を(政策金利で)供給するので、銀行は準備預金残高に制約されません。銀行貸出が準備預金に制約されていないことは、準備預金増加(量的緩和)の貸出促進効果が乏しいことを意味します。

[p.8]

Central banks don't constrain the amount of bank reserves they supply. Rather they supply whatever amount of reserves that the banking system demands given the reserve requirements and the amount of deposits that have been created. 

[p.9]

The key point, however, is that the existence of excess reserves in the banking system does not loosen any reserve constraint on the ability of banks to lend because there was no reserve constraint to begin with (of course, the stance of monetary policy, notably the interest-rate policy decision, does affect the demand for bank lending and the willingness of banks to lend, but, to repeat, given the interest-rate setting, the central bank supplies whatever reserves are demanded).

量的緩和を「中央銀行がマネタリーベースをじゃぶじゃぶに供給する→一部は銀行から市中に溢れ出す→経済活動が活性化」と素朴に理解している人が多いようですが、実際は銀行の保有資産が国債(リスクフリー)から中央銀行への預け金(リスクフリー)にシフトするだけです。これが企業や家計のインフレ予想を醸成するという(錯覚以外の)確実なメカニズムも存在しません。

金融政策に関しては未だに「天動説」が支配的ですが、S&Pのリサーチレポートが「地動説」の広まりを意味しているのであれば喜ばしいことです。