読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

砂糖摂取削減→健康増進→医療保険財政改善

健康

9/12【「医療のビッグデータ」の思い違い】では、健保組合にレセプトデータ分析を求めるデータヘルス計画が、無駄なシステム投資に終わるのではないか、という懸念を述べました。

政府が本気で国民の健康増進と医療費削減に取り込むのであれば、レセプトデータ分析よりもはるかに効果が期待できるのが、砂糖(糖質)対策です。4/22【白い粉には気を付けよう】に書いたように、糖質は最強クラスの中毒性物質であるため、個人の意思では摂取の抑制が難しく、巨額の健康被害(生活習慣病)を起こしています。タバコのように、何らかの規制が必要でしょう。

何でもかんでも規制緩和すればよいというものではありません(例:金融規制)。

下の記事はLustig教授による警告と対策です。「過去30年間、砂糖の猛攻と食物繊維の減少という致死的な攻撃」が消費者に行われたと指摘しています。糖質があらゆる加工食品に添加されており、これが世界中で肥満を激増させています。

The last 30 years have seen an onslaught of sugar and dwindling of fiber in the food environment, a deadly combination for consumers who have been duped by the food industry, Lustig argues. 

Meanwhile, added sugar has crept into the food supply in everything from bread to barbecue sauce, and often the ingredients are cloaked in curious names and orders.

Fat Chance: Beating the Odds Against Sugar, Processed Food, Obesity, and Disease

Fat Chance: Beating the Odds Against Sugar, Processed Food, Obesity, and Disease

Fat Chance: The bitter truth about sugar

Fat Chance: The bitter truth about sugar


Robert Lustig, MD — Sugar: No Ordinary ...