読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

「二つの像」とロシアと日本の違い

政治・歴史・社会

第二次大戦末期にソ連軍が旧ダンツィヒ(現グダニスク)を攻略した際の性暴力(ソ連兵→主にドイツ女性)を表現した彫刻が激しい論議を巻き起こしたと報じられています。

この彫刻のような事態が起こったことは事実なのですが、

  • 被害者の大半は、戦後ダンツィヒを追放されたドイツ女性
  • 加害者はポーランドを「解放」したソ連兵

と背景が複雑であることや、事柄がセンシティブであることから、ロシアだけでなくポーランド国内からも批判の声が上がっているようです。

この彫刻は当局によって速やかに撤去されてしまいましたが、アメリカのグレンデール市には歴史を捏造した「少女像」が設置されたままです。

ロシアが同じことをされたら、どのような対応を取るでしょうか。*1

 

関連記事

 

参考:ベルリン陥落後の悲劇

A Woman in Berlin

A Woman in Berlin

Anonyma: A Woman in Berlin – revisiting the horrors of 1945


A Woman In Berlin - Official US Trailer - YouTube 

*1:事実にも抗議するロシア⇔捏造にも弱腰の日本