読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

賃下げは経済成長を阻害する(ILOのワーキングペーパー)

賃上げを企業の競争力を低下させるネガティブなものと見做す「誤った考え方*1」が日本経済を停滞させていますが、それと同じことが世界中で起こっていることを示したILOのワーキングペーパーを紹介します。

経済成長には、wage-led(賃金増加→消費増加が主体)とprofit-led(企業の利潤増加→設備投資増加&輸出増加が主体)の経路がありますが、このWPによると、先進国はオーストラリアとカナダを除いてwage-ledということです。経済規模が大きい国は、GDPに占める内需の割合が大きい傾向にあるので、当然と言えます。(以下、強調は引用者)

Among the developed countries, the US, Japan, the UK, the Euro area as well as Germany, France, and Italy are wage-led.

日本がwage-ledであることは、利潤分配率の上昇が経済成長にマイナスに作用することを意味します(Table 11と13を参照)。「景気が悪いから賃金が下がる」という認識が一般的ですが、「賃金を下げるから景気が良くならない」という逆の因果関係の存在にも気付く必要があります。

f:id:prof_nemuro:20131010233335g:plain

このWPのポイントは、世界経済は全体としてwage-ledであり、新自由主義が支配的になった1980年代以降の労働分配率の低下は、世界経済の成長率を低下させたという指摘です。

The dramatic decline in the wage share in both the developed and developing world during the neoliberal era of the post-1980s has accompanied lower growth rates at the global level.

グローバル競争の激化が、先進国の賃金が途上国の水準に引き寄せられる“race to the bottom”を引き起こし、その裏返しの利潤分配率の1%ポイントの上昇が、世界のGDPを0.36%減少させます。

When we go beyond the nation state, interesting shifts in the demand regimes occur. A world-wide race to the bottom in the wage share, to be precise a simultaneous increase in the profit share by 1 per cent -point in thirteen developed and developing countries, leads to a 0.36 per cent decline in global GDP

この分析から得られる政策的インプリケーションは、wage-ledの国が資本分配率を高めれば、経済成長が阻害されることです。安倍政権消費税増税&法人税減税は日本経済を失速させる逆噴射政策ということになります。*2

These results have important policy conclusions. First, at the national level, if a country is wage-led, policies that lead to a pro-capital redistribution of income are detrimental to growth. Even in some wage-led cases, where the effect of distribution on  growth is not very large, the results point at the presence of room for policies to decrease income inequality without hurting the growth potential of the economies. 

新聞社には、軽減税率適用よりも賃上げの大キャンペーン*3を張ってもらいたいものですが、経営が苦しいようなので、期待薄でしょう。

 

関連記事

*1:安倍首相の賃上げ要請とクールビズ作戦】を参照。

*2:完全に失速→墜落するかどうかは、他のエンジン次第です。

*3:新日本製鐵の今井元社長と甘利経済産業大臣の発言を合わせて、「企業収益が上がっているのに賃金を上げない、下請け代金を上げないのは国賊」はどうでしょうか。両者の発言については【甘利大臣の「賃上げしない企業は恥ずかしい」発言とリベラリズムのマインドコントロール】を参照。