読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

貿易赤字と原発再稼働

10月21日に発表された9月の貿易統計によると、輸出6.0兆円、輸入6.9兆円、差引マイナス0.9兆円で、15か月連続の赤字となっています*1。2011年3月の東日本大震災の影響の大きさが伺えます。

f:id:prof_nemuro:20131027101514g:plain

日本経済再興に欠かせない円安の効果ですが、2011年から減少基調にあった輸出数量の下げ止まりがはっきりしてきました。海外経済が安定を取り戻せば、数量ベースでの増加が期待できます。

f:id:prof_nemuro:20131021224122g:plain

一方、2010年から増加を続けてきた輸入は、円安のために数量は微減に転じていますが、価格上昇が上回るため、金額は高い伸びを続けています。輸出数量の増加が輸入価格上昇を上回るまでは、Jカーブ効果による貿易赤字拡大が続きます。

f:id:prof_nemuro:20131021224123g:plain

貿易収支悪化の主因の一つが、原子力発電停止を補うための火力発電燃料の輸入増加です。液化天然ガス(LNG)の輸入数量が原発事故前のトレンドを続けていたとすると、現在では年8000万MT弱になるので、これに現在の価格*2を掛けて現実の輸入額との差を取ると、約5000億円の増加と試算できます。重油についても同様の試算をすると約2500億円になるので、他も含めると、GDPを1兆円弱減少させていることになります*3。なお、資源エネルギー庁は、原子力停止に伴う燃料コスト増を3.8兆円(2013年)と推計しています。

f:id:prof_nemuro:20131021224125g:plain

海外経済が弱いために輸出の急増が望めない現状では、原発停止による輸入増・貿易収支悪化は日本経済にとって大きな痛手です。6/7【原発全面再稼働への誘惑】で既述したように、痛みを和らげる手段としての再稼働を議論する必要がありそうです。

 

参考

*1:季節調整値では2011年3か月以降、31か月連続の赤字。

*2:日本の輸入増加による価格上昇は考慮していません。

*3:かなりアバウトな試算です。これ以外に価格(電気料金)上昇の波及効果もあります。