読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

鬱病を増やす「神の見えざる手」

経済記事ピックアップ

10/20のNHKスペシャル「病の起源 うつ病 ~防衛本能がもたらす宿命~」は非常に興味深い内容でした。

要点は、

  • 扁桃体はストレスに反応してストレスホルモンを分泌する。
  • 過度のストレスがかかり続けると、扁桃体が“暴走”してストレスホルモンが過剰に分泌され、鬱病が引き起こされる。
  • 大半の人間には、集団内での分配が等しくないことがストレスになる。
  • 農耕の開始→富の蓄積→階級社会→格差の発生・拡大が鬱病の原因に。
  • 獲物を等しく分配する狩猟採集民は鬱病とは無縁。

というものです。

鬱病の増加は世界中で問題になっていますが、これは、現代社会のストレスが増大傾向にあることを示唆しています。

BBC News - Depression: 'Second biggest cause of disability' in world


WHO | Depression

主因として疑われるのが所得格差の拡大です。その対処法は累進課税や資産課税による再分配強化になりますが、「高所得は能力と努力の証」「市場で決まったことは正しい」「成功者が罰を受けるのは不当」などの反論に説得力を感じる人も多く、格差是正が進まないのが現実です。

しかしながら、再分配反対の根拠の「高所得は能力と努力の証」がどうやら誤りであることが、経済物理学者から指摘されています。


Victor Yakovenko: What Causes Inequality? An Econophysics Approach | The Institute for New Economic Thinking

Victor Yakovenko: What Causes Inequality? An Econophysics Approach - YouTube

気体の温度(←分子の平均エネルギー)が一定でも、ランダムに弾性衝突を繰り返す個々の分子のエネルギーは同じではなく、偏った分布になることが知られています。

瞬間を見ると、一部の分子がエネルギーを独占し、大多数は低いエネルギー状態にある

気体の系を経済システム(社会)、分子を個人、分子のエネルギーを個人が保有するマネー、分子の弾性衝突を財・サービス取引(マネーの移動)に置き換え、

  • 初期状態では全員が同量のマネーを保有する。
  • 個々人が相互・ランダムに財・サービスを取引する。

という単純なモデルで取引回数を増やすと、マネーの保有額が極端に偏り、ごく少数の金持ちが生まれる一方で大部分が平均以下のBoltzmann-Gibbs分布になります。

実際、アメリカの所得分布では、下位97%が正規分布に近く、上位3%はロングテールの分布をしています。*1

So, the data analysis of income distribution in the USA reveals coexistence of two social classes. The lower class (about 97% of population) is characterized by the exponential Boltzmann–Gibbs distribution, and the upper class (the top 3% of the population) has the power-law Pareto distribution.

所得分布が「能力や努力」とは無関係に確率的に決まる気体分子のエネルギー分布と同じであることは、

  • 所得格差の大部分は能力や努力ではなく運によって決まっている。
  • 上位3%には所得をさらに増やすメカニズムが働いている。

ことを示唆します。高所得は「能力と努力」というより「運の証」と言うのが適切ということです。

経済学関係の資料によれば、分子系を社会、分子を人、運動エネルギーを金に置き換えると、先の議論がそのまま成り立つという。つまり、「平等な確率で人に金をばらまき、平等な確率で金のやり取りをしても、しばらくすると、一部の人に金が集中し、残りの大多数は貧乏になる」のが社会の実態なのだそうだ。

もちろん、能力や努力は無関係ではあり得ませんが、運によって相当程度増幅されている可能性が高いと考えられます。

この見方に従うと、

  • 経済システムには所得格差を拡大させるメカニズム(神の見えざる手)が内在している→放置すると鬱病が増える。
  • 鬱病を減らすためには、「神の見えざる手」の逆操作=再分配強化が不可欠。

ということになります。

神に任せる自由放任の強ストレス社会と、神に逆らって再分配を強化する低ストレス社会のどちらを選択するか、国民的議論をしてもよいのではないでしょうか。*2


成功のかぎは実力かコネか - Think outside the box

*1:日本もほぼ同じ分布。分布パターンはかなり以前から知られていました。

*2:税率を引き上げる→高所得者が海外に逃げる→日本経済没落、の反論がありますが、これについては別記事で考察する予定です。