読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ブレイク・イーブン・インフレ率の評価の難しさ

現在の日本銀行の金融緩和策の狙いは予想への働きかけ(予想インフレ率の引上げ)ですが、その際に問題になるのが、予想インフレ率の測定です。

一般的には、利付国債と物価連動国債の利回りから算出されるbreakeven inflation rate(BEI)が用いられますが、銘柄切り替えによって大きく変化するなど、使い勝手と信頼性に問題を抱えています。

この問題に関しては、サンフランシスコ連銀のシニアエコノミストの解説が参考になります。

However, using breakeven inflation rates as measures of inflation expectations can be problematic. In addition to the expected inflation component, breakeven inflation is governed by two unobservable factors: the premium that bond investors are willing to pay for protection against the risk that inflation will overshoot its expected path and the higher yield they require for holding relatively less liquid TIPS. The inflation risk factor pulls the observed TIPS yields down relative to nominal bonds, causing breakeven inflation to be correspondingly high. The liquidity factor pushes observed TIPS yields up, bringing breakeven inflation down. The yield premiums associated with both factors vary over time and often in offsetting ways, making it difficult to capture the residual expectations component of the breakeven inflation rate.

BEIはインフレがオーバーシュートするリスクのプレミアムと、物価連動債の流動性リスクのプレミアムを含みますが、この二つのプレミアムを明確に区別することはできず、しばしば相殺するように変動するため、残差である予想インフレ率の測定が困難になるということです。

日本でも、利付国債と物価連動国債の流動性には大差があることから、流動性リスクプレミアムがBEIに与える影響は無視できないと推定できます。

f:id:prof_nemuro:20131108211934g:plain

f:id:prof_nemuro:20131108211935g:plain

日本の物価連動国債市場がアメリカに比べて未発達なことも考慮すると、BEIを予想インフレ率の正確な値と絶対視して一喜一憂することにはあまり意味がないということでしょう。

[異論は⇒Jens Christensen