読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

中国の一人っ子政策緩和は手遅れか

人口・少子化

アルジャズィーラの「日中衝突?」】の番組に出演した『やがて中国の崩壊がはじまる』の著者ゴードン・チャンが中国の一人っ子政策の緩和について論じています。

やがて中国の崩壊がはじまる

やがて中国の崩壊がはじまる

qz.com

中国の不動産バブルが崩壊する日】と【中国の不動産バブルと愛人の深い関係】で説明しましたが、中国の一人っ子政策の意図せざる結果が男女の人口比の偏りです。チャンは5150万人の男超過が、売春、HIV感染、誘拐の増加を招いたと指摘しています。

Fast-moving demographic trends are not the only signs of population-planning failure. There is also the imbalance of the sexes. Due in large part to the one-child policy, China boasts, according to official 2012 statistics, what is the world’s most skewed sex ratio at birth, 117.7 males for every 100 females. As a result of abnormal birth patterns, there may be as many as 51.5 million excess males.  The sex imbalance has led to increased prostitution, HIV infection, and trafficking in women.

一人っ子政策緩和の背景には、急激な高齢化懸念があります。生産年齢人口割合の増大が日本の高度成長の一因であったことは【迫り来る供給力不足とインフレ】で説明しましたが、1980年代からの中国の高成長も同じ構図です。これまでは経済成長の追い風となっていた人口要因は既に逆風に転じています。*1

f:id:prof_nemuro:20131125232117g:plain

f:id:prof_nemuro:20131125232119g:plain

(単位:万人,出所は上グラフと同じ

もっとも、一人っ子政策の緩和には「逆風」を止めるほどの効果はないという見方が有力です。

Even demographers who think the amendment to the policy could result in as many as an extra 2 million births a year, such as Wang Feng of the University of California at Irvine, are not forecasting a full-scale boom, in part because relentless indoctrination since the end of the 1970s has changed the big-family mentality of the Chinese. Beijing’s own family-planning officials, speaking after Friday’s announcement, have said we should not expect a significant increase in births.

台湾・香港・シンガポールの合計出生率が日本を下回っていることが示唆するように、中華系文化では女の社会的地位向上が出生率の構造的引き下げ要因として働いており、中国もその例外ではないと考えられるためです。(関連記事を参照)

出生率の上昇は、子供が生産活動に参加するまでは経済にとって「負担」になることも重要です。 

jp.wsj.com

日本に続いて中韓も人口政策の失敗で没落するということでしょう。

Many people praise China’s technocrats for their management of the country, yet accelerated demographic decline will surely rank among their worst failures. Beijing officials should have scrapped the one-child policy at least a decade ago, but their caution stopped them from adopting the commonsense solution.

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

*1:従属人口指数は、年少人口(0-14歳)と老年人口(65歳以上)を生産年齢人口(15-64歳)で除したもの。生産年齢人口の「負荷」を意味するため、数字が小さいほど経済成長にはプラスに働く。