読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

「予防重視で医療費削減」の困難さ

社会保障

予防を重視することで医療費を削減しよう、という根強い主張があります。

このような主張では、個別の成功例が挙げられることが多いので、逆の失敗例をアメリカから紹介します。

www.theatlantic.com

Some may say that most start-ups fail. But what happened to MDPrevent is a cautionary tale. My incentives for creating this new model were more altruistic than financial.

患者の満足度は高く、成果も上がったものの、収入は費用に程遠いものでした。

On the practice side, more than 1,000 patients came through our doors. Many people told us they loved the program, and we received many positive testimonials. Dozens of our patients sustained marked weight loss without drugs, supplements, or surgery. 

The bad news was that for every dollar we collected, our expenses equaled three dollars.

医師や病院から期待したほどの紹介を受けられなかったことや、民間医療保険によってカバーされなかったことが主な敗因でした。

これらの要因は、国民皆保険の日本では克服できるかもしれませんが、患者心理という難題は日米共通と思われます。まず、健康的生活をさせることが高いハードルとして立ち塞がります。

The final contributors to our demise were the patients themselves. Primary prevention requires work: making better food choices, adding more physical activity, engaging in meaningful activities, and developing tools to better manage stress. 

さらに、「無料=効果が乏しい」という印象が、積極的な予防活動を妨げることになりました。

And the no-cost, no-deductible, no co-payment provisions in Medicare’s preventive benefits may have had an adverse effect on people’s sense of its value. How much would you appreciate something that has no cost to you? For many patients, it seemed easier to take supplements than to be more attentive to food labels and exercise habits.

では有料にすれば効果があるかですが、健康が悪化していないのにカネを払って予防に取り組もうというのは時間とカネに余裕なあるリッチな人が多く、庶民では例外的です(カネも暇も足りません)。

閉鎖的コミュニティであれば、同調圧力を利用して住民の多くを予防に駆り立てることも可能ですが、「隣は何をする人ぞ」の都市部では難しいでしょう。

また、予防によって年間の医療費を削減しても、余命が伸びれば生涯医療費は削減できるとは限りません

「予防重視」に意義があることは確かなのですが、その医療費削減効果には期待し過ぎないほうがよいでしょう。「有望なビジネスチャンス」と飛び付く前に熟考が求められます。

医療にたかるな (新潮新書)

医療にたかるな (新潮新書)

健康帝国ナチス

健康帝国ナチス

The Nazi War on Cancer

The Nazi War on Cancer