読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ルバーブがエネルギーを革命する?

再生可能エネルギーの普及のネックとなっているのが、蓄電池のコストの高さですが、それを解決するかもしれない新材料をハーバード大学の研究チームが発表しました。

According to MIT Technology review, a conventional metal-reliant flow battery costs an estimated $700 per kilowatt-hour of storage capacity, whereas the Harvard team's metal-free technology would bring those costs down to $27 per kilowatt-hour.

その新材料とは自然界に豊富な有機化合物のキノンです。ハーバードのチームが用いたものは、ルバーブに含まれるものとほとんど同じということです。

Quinones are abundant in crude oil as well as in green plants. The molecule that the Harvard team used in its first quinone-based flow battery is almost identical to one found in rhubarb. The quinones are dissolved in water, which prevents them from catching fire.

溶液にエネルギーを蓄えるので、ガソリンのように取扱いが容易になることも利点になります。

今後の展開に注目です。