読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

量的緩和の効果に関するイングランド銀行のペーパー

イングランド銀行の金融政策委員会の外部委員が、量的緩和の効果に関するディスカッションペーパーを出しました。

We find that across a fairly wide set of environments ― with different rules for the setting of interest rates and different ways in which fiscal policy is conducted ― the impact of asset purchases working through a portfolio re-balancing channel is weak or absent. Because our periods are long, one could interpret this result as showing that the central bank swapping shorter-dated bonds for longer-dated bonds is relatively ineffective, at least when financial markets are operating normally.

… the main way in which such balance sheet changes have worked is probably not through the operation of a portfolio rebalancing of private sector portfolios undertaken in an environment of normally functioning financial markets. But large-scale asset purchases undertaken in an environment when financial markets are not working normally may well have significant effects.

  • 量的緩和の波及経路として期待されるポートフォリオリバランスの効果は弱い
  • 短期債と長期債を交換する効果は乏しい(少なくとも金融市場が正常の時には)
  • 金融市場が正常に機能していない時には効果がある

というものです。日本でいえば、1997-98年の金融危機のような局面では効果があるが、慢性的景気停滞を打開するほどの力はない、ということになります。

日本銀行の白川前総裁に近い考えを共有する海外の中央銀行関係者は少なくないようです。

 

関連記事