読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

法人税下げと消費税上げの影響

経済財政諮問会議で、法人税実効税率引き下げの議論が開始されました。

「ラッファー・カーブ」のように、法人税率引き下げが雇用とGDPを増やすことが期待されているようですが、少なくともアメリカではそのような事態は生じていない、という研究報告があります。

Today, large U.S. corporations report more than $1 trillion in cash or liquid assets. They have the funds to invest in new jobs, should they choose to do so. We found no evidence that cutting the tax rate on corporate profits induces firms to create new jobs in the United States.

利下げによる設備投資誘発効果が限定的であることを考慮すると、このことは不思議ではないでしょう。

そもそも、円の過大評価さえ是正されれば、日本は企業活動を行うのに非常に魅力的な国であり、弱気になって「アジア諸国並み」に安売りする必要はありません。

Corporations receive significant benefits from operating in the United States of America. They have access to the largest consumer market in the world; a workforce educated at public expense; the protections of a business-friendly court system; roads and transit systems that allow employees to get to work and goods to get to customers; consumer safety regulations and inspections that give consumers confidence in products; patent systems to protect intellectual property; and much, much more. When some corporations aggressively lobby for rules that allow them to avoid paying for the services they depend on for their success, they shift the costs of doing business to others and starve the public goods and structures critical to their own success and to the well-being of the nation. 

法人税国税分)の対GDP比はかつてない低水準にあり、これ以上の引き下げが景気や雇用拡大の原動力になるとは考えにくいことです。むしろ、配当等の形で株主に流れるのではないでしょうか。

f:id:prof_nemuro:20140121155245g:plain

所得税の対GDP比も法人税と並行して低下してきましたが、代わりに消費税が増えているため、合算した家計負担はほぼ一定です。累進的な所得税の比重が低下しているため、負担は所得階層の下方にシフトしています。

消費税率の倍増(5%→10%)に加えて法人税率が引き下げられれば、低所得者から高所得者・資産家・外人投資家への所得移転がさらに進むことになりますが、日本のエリートもヨーロッパのように反国民主義に染まっているのでしょうか。

 

関連記事