読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

カネは人間を右にする

金持ちは政治的には「右」の傾向が強いことが知られていますが、それでは「金持ちになること」は人の政治信条を変えるでしょうか。答えはイエス、という研究を英国の経済学者が発表しています。

The consequences of winning even a modest sum of money are fairly large – certainly a number of percentage points extra on your chances of favouring a Mrs Thatcher or a Ronald Regan. Thus money makes people right-wing and inegalitarian. Perhaps even you.

宝くじに当選することが、「労働党支持→保守党支持」への変化を促すということです。

論文にはさらに詳しいデータと考察があります。 

この「宝くじ効果」には性差があり、男に強く表れるということです。男の方が宝くじをよく買い・よく当選することが理由の一つと推測されています。

These lottery-win effects are, intriguingly, found predominantly among males. We are not certain why. Other than the theoretical explanation outlined in Section 3, one possible interpretation of the gender difference may be because, in our data set, men tended to win approximately £150 more than women from the lottery. They also tended to win more often than did women; the average numbers of ‘years of winning the lottery’ for the same person are 2.8 for men and 2.4 for women.

リターンがリスクテイクの結果として得られることを考慮すると、「より多くのリスクを取る→リターンを独占したいと思う→右傾化する」のは不思議でありません。宝くじとは別に、男は政治において税金の低さを最重要視することとも合致します。

She shows that the single most-important political concern to males is that of low taxes. For females, by contrast, it is the quality of the National Health Service. Norris (2002) documents the gradual shift to the left of women in Britain’s politics since World War 2. 

宝くじという完全に運によって得られたカネでも右傾化するのだから、努力や判断が必要なビジネスや投資で大金を得た人が右傾化するのは当然ということになります。

金持ちが右傾化→(資金援助もあって)政治が右傾化→新自由主義的経済政策→経済格差がさらに拡大→…というフィードバックが働いているということでしょう。

 

関連記事