Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

結婚生活も金次第

リッチ女性の「美味しい男」獲得競争がもたらす非婚化・少子化】では、非婚化の根底に、

社会が豊かになった→女の自活が可能になった→結婚に対する要求水準が高まった→満足できる相手が不足

があることを説明しました。

バレンタインデーの2月14日、アメリカの社会心理学者が、このメカニズムを詳しく説明しています。

人間の欲求を5段階に分類したマズロー自己実現理論では、低次の欲求が(ある程度)満たされると、欲求が高次に向かうとされます。

  1. 生理的欲求
  2. 安全の欲求
  3. 所属と愛の欲求
  4. 承認(尊重)の欲求
  5. 自己実現の欲求

1800年頃のアメリカでは、結婚に求められるのは1と2であり、愛は二の次でした。(【香港女性の不毛な「いい男」取り競争】を参照)

“In 1800, the idea of marrying for love was ludicrous. That isn't to say that people didn't want love from their marriage; it just wasn't the point of marriage,” he said.

都市化と経済成長が続いた1850-1965年には、3の愛の重要性が高まり、その後は4や5の重要性も高まっています。結婚を自分探しの手段と考える人が増加しているわけです。

This valued love and companionship, and helping your spouse to engage in a voyage of self-discovery and personal growth.

しかし、要求水準が高まれば、その達成に必要な時間とエネルギーも増大します。十分なリソースを結婚生活に投入できるか否かが、結婚に満足/不満を分ける、二極化(“all-or-nothing”)が進行しています。

<NYT>

Our central claim is that Americans today have elevated their expectations of marriage and can in fact achieve an unprecedentedly high level of marital quality — but only if they are able to invest a great deal of time and energy in their partnership. […]

Marriage, then, has increasingly become an “all-or-nothing” proposition.

二極化は離婚率に明瞭に表れています。富裕層と貧困層の離婚率は、1980年頃から乖離を始め、1990-94年に結婚した夫婦では16%と46%と大差がついています。

One of the most disturbing facts about American marriage today is that while divorce increased at similar rates for the wealthy and the poor in the 1960s and ’70s, those rates diverged sharply starting around 1980. According to the sociologist Steven P. Martin, among Americans who married between 1975 and 1979, the 10-year divorce rate was 28 percent among people without a high school education and 18 percent among people with at least a college degree: a 10 percentage point difference. But among Americans who married between 1990 and 1994, the parallel divorce rates were 46 percent and 16 percent: an astonishing 30 percentage point difference.

その結果、結婚に対する満足度は平均では低下しているものの、高い要求を満たせるだけのリソース投入ができる階層では逆に高まっています。経済格差は結婚にも格差を生じさせていることになります。

The average marriage today is weaker than the average marriage of yore, in terms of both satisfaction and divorce rate, but the best marriages today are much stronger, in terms of both satisfaction and personal well-being, than the best marriages of yore.

The problem is that the same trends that have exacerbated inequality since 1980 — unemployment, juggling multiple jobs and so on — have also made it increasingly difficult for less wealthy Americans to invest the time and other resources needed to sustain a strong marital bond.

結婚格差を縮小するためには、貧困層にも結婚生活に十分な時間とリソースが与えられることが必要であり、それにはワーク・ライフ・バランスを適正化する政策が求められます。

Government actions that reduce inequality and family-friendly work policies like on-site child care are likely to help strengthen marriage.

以上はアメリカについての分析ですが、日本の非婚化・少子化対策にも大いに参考にもなります。アメリカでは、結婚(または同棲)はするものの、十分なリソース投入ができない夫婦は離婚に至りますが、日本では日本では文化的要因もあって結婚のハードルが高いため、そもそも結婚しないわけです("nothing")。したがって、ワーク・ライフ・バランスの適正化は、夫婦の出生率を高めるだけでなく、未婚男女を結婚へと後押しする効果もあると考えられます。

ワークを偏重すれば、現在のGDPは増やせますが、将来は労働力不足によるGDP減少が不可避です。覚醒剤を使うと、目先は活力を得られますが、長期的には必ず損失になるのと同じことです。

結婚の"all-or-nothing"化(1-0のデジタル化、あるいは厳格化?)が満足度の低下や非婚化を招いているのであれば、それを緩和するファジー化も結婚の持続や結婚促進に効果があるはずです。

… “outsourcing” areas of marriage to other people could save relationships in the long term.

“… you haven’t had sex more than twice a year for the last five years and neither of you thinks that’s adequate,” he said. “So you could say, that’s one of the needs I am going to fulfil elsewhere. I don’t recommend cheating, but an openly consensual non-monogamous relationship, that may very well be functional.”

これには賛否両論あるでしょうが、将来は常識になっているのかもしれません。

 

参考記事


The Marriage Hack: Eli Finkel at TEDxUChicago ...

広告を非表示にする