読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ノルウェーのクォータ制とヨーロッパの「上からのPC教化」

政治・歴史・社会

ノルウェーが導入した取締役の4割を女にするクォータ制度が、企業経営にマイナスに働いているとする調査を、ノルウェービジネススクールがまとめています。


Gender-quota boardrooms come at a high price | ScienceNordic

クォータ制は公開企業に適用され、4割に満たない企業は解散を命じられます。そのため、公開企業は

  1. 非公開化
  2. 取締役の4割以上を女にする

のいずれかの対応を迫られます。

調査によると、半数の企業は非公開化を選びましたが、評判の低下や、株式を上場できなくなるなどの“コスト”を余儀なくされました。

クォータに従った残りの公開企業でも、新取締役が未熟であることや、訓練を要することなどによる“コスト”が発生しました。

これに加えて、新取締役の多くが社外から調達された(←社内の人材不足)結果、女の取締役の84%が社外取締役となり、取締役に占める社外取締役の割合は46%(2002年)→67%(2008年)へと急増しました。事業内容に詳しくない社外取締役の増加が経営にマイナスに作用することは、容易に想像できます。*1

International press are still writing favourably about the Norwegian board experiment. Now they can add to the story by telling their readers how much our new law has cost the companies.

無茶な政策が実施された背景には、【女性役員登用に執着するヨーロッパの天動説的イデオロギーの危険性】や【エリートの反国民主義で劣化するヨーロッパ】で考察した"political correctness"イデオロギーがあります。

現実よりもイデオロギーが優先されるのでは、宗教国家と変わりありません。脱キリスト教化したヨーロッパですが、脱宗教化ではなく、"PC教"に改宗しただけなのかもしれません。現代のエリート=中世の教会だとすれば、極右=ガリレオ・ガリレイになるでしょうか。

教義の「正しさ」にこだわる排他的宗教国家に退行したと考えれば、異端*2・異教徒*3弾圧への飽くなき十字軍的情熱も理解できます。韓国の親日派狩りにも通じます。

敗戦後の日本人がモデルとした欧米社会が輝きを失ったのは、株主価値最大化とPC教化の二つの上からの文化大革命によって、少数のエリートと富裕層が支配する中世の暗黒時代に戻りつつあるからかもしれません。


アメリカの文化大革命「株主価値の最大化」 - Think outside the box


スイスの移民制限国民投票可決は経済至上主義への反発 - Think outside the box


Professor Morten Huse: Why boardroom quotas may be a bad idea - YouTube

「正しい戦争」という思想

「正しい戦争」という思想

文明は暴力を超えられるか

文明は暴力を超えられるか

*1:政治主導にこだわって官僚を排除した民主党の政策の顛末を想起させます。

*2:例:移民制限や性差の存在を認める論者。「レイシスト・極右」とレッテルを貼られている。

*3:例:鯨・イルカを狩る日本人。