Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ヨーロッパで増えるパラサイトの若者

先進国を立ち枯れさせる「若者が成長できない症候群」】と「無敵の人」が増加する脅威】で述べた、若者を取り巻く経済状況の悪化は、親と同居する割合の上昇という形で表れます。ヨーロッパでも、日本でいうところの「パラサイト」が注目を集めています。 

子が成人すると親元を離れる文化の国でも、パラサイトが目立つようになっています。昔のイングランドでは、15歳くらいになると家を出て自活を始めていましたが、現在では若者(18~30歳)の約3割が親と同居しています。大学進学で家を出たものの、卒業しても自活できないため親元に戻ってきた"boomerang child"が多数存在します。大家族文化のイタリアでは、同居する割合は約8割に達します。経済苦が根底にあるので、家族の生活満足度も低くなります。"ジェネレーションY"は親よりも高学歴ですが、将来見通しは逆に暗くなっています。(以下、強調は引用者)

She said it was a myth that living with children and parents in a multi-generational household was all "happy clappy": "Really we see that multi-generational households have very low life satisfaction and a very high level of deprivation and perceived social exclusion.

"One could argue that if you are at the age of 30 and are still living with your parents and, on top of that you have your own family, it is really difficult to start an independent life."

The data underscores the predicament of "Generation Y" – who are better educated than their forebears, but condemned nonetheless to dimmer prospects than their parents' generation.

成人しても親元を離れられない若者の増加は、出生率低下→高齢化の人口危機の懸念を強めます。

The growing phenomenon of adults stuck living in their childhood bedrooms has, moreover, raised concerns about birthrates and demographics in an ageing continent.

実際、 親との同居率と出生率には負の相関が見られます。

f:id:prof_nemuro:20140325222238g:plain

人生の決定要因として、階級・環境の重要度が高まっているとの指摘もあります。トランプの大富豪のように、「勝ち組」の子には有利なカード、「負け組」の子には不利なカードが配られるわけですが、これでは勝負になりません。アンフェアなルール、すなわち社会システムそのものに異議申し立てをしたくなる敗者が出てきても何ら不思議ではありません(⇒関連記事)。

He said these results demonstrated that class and background was becoming even more of a factor in later life success.

"Those from better off or higher social class families will be much better set to deal with the pressures. The real story here isn't about generation alone; it's about how it interacts with wealth and class, leaving some younger people behind."

Eurofoundの調査で注目されるのは、社会保障先進国のはずの北欧でも、パラサイト率が上昇していることです。2003年と2011年を比べると、デンマークは15%→23%、スウェーデンは17%→35%です。

その理由は簡単で、失業等の社会保障給付が絞られているためです。

It is commonly thought that generous welfare schemes such as unemployment benefits and public-funded job training programmes have shielded Nordic young against the harshest consequences of Europe’s economic woes.

The facts show the contrary: Few jobless young people in the Nordic countries qualify for unemployment benefits.

The reason is that authorities have made cuts and tightened requirements. Means-tested social welfare benefits are now the most common source of income for jobless young people. 

北欧諸国は、大量の非欧州系移民を受け入れて民族的同質性を破壊することに熱心な「反国民主義グローバル化の優等生」なので、若者がそのツケを払わされているわけです。

ヨーロッパに比べれば日本はまだましかもしれませんが、深刻な未来が待っている点では五十歩百歩でしょう。

日本経済においても、少子化を放置し企業貯蓄増大を許容するならば、それは滅びの美学に酔った自殺行為と言わざるを得ないのである。

パラサイト・シングルの時代 (ちくま新書)

パラサイト・シングルの時代 (ちくま新書)