読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

量的・質的金融緩和から1年~記事検証

日本銀行の量的・質的金融緩和(QQE)開始から昨日で1年経ちましたが、未だにメディアからは、国民をミスリードする報道が流れてきます。

日銀は世の中に出回るお金を74兆円増やしたが、その大半の70兆円が金融機関に眠ったままで、企業や個人への貸し出しに回っていない。

マネタリーベース増加73.9兆円のうち、「世の中に出回るお金」すなわち現金(銀行券と貨幣)*1は3.3兆円に過ぎず、残り70.5兆円は日銀当座預金です。日銀当座預金は、日銀に当座預金口座を持つ金融機関間で取引される「短期金融市場限定のマネー」なので、日銀に当座預金口座を持っていない企業や個人への貸出に回ることは原理的にありません。従って、「70兆円が金融機関に眠ったまま」という記述は不適切です。この記事は、「銀行は、日銀から調達したマネーを企業や個人に貸す存在」との初歩的な誤解に基づいているようです。

日銀当座預金の増加は、銀行が買って保有する国債を、日銀が買い上げることで生じています。日銀が銀行から国債をX兆円購入すると、日銀の資産(国債)と負債(日銀当座預金)が両建てでX兆円増加するので、「バランスシート拡大→金融緩和」と錯覚させられそうですが、銀行の資産は国債が日銀当座預金に入れ替わるだけなので、新たな預金創造にはつながりません。下は、日本銀行政策委員会佐藤健裕審議委員の説明です。*2

日本銀行による資産買入れが直接的に民間金融機関のバランスシートにもたらす変化をみると、バランスシートの規模は変わらないが、国債等が減少し、その分日銀当座預金が増加するという形で資産サイドの構成が変化する。

下のグラフのマネタリーサーベイ統計からは、日銀の国債保有と日銀当座預金の増加が、銀行と日銀を合わせた国債保有の増加ペースに変化を与えていないことが分かります。

f:id:prof_nemuro:20140405161240g:plain

日銀と銀行が「内部取引」しているだけでなので、外部には(ほとんど)影響がなくて当然です。実際、マネーストックの増加ペースにも大きな変化はありません。

f:id:prof_nemuro:20140406075149g:plain

外部への影響が(ほとんど)ないのは、金利の変化が小さいためです。市中のマネーが増えるには、銀行貸出の増加が必要になりますが、そのためにはリスクに見合った利鞘が取れる貸出先が存在していなければなりません。

なぜ貸し出しは伸びないのか。全国銀行協会の 平野信行会長(三菱東京UFJ銀行頭取)は「金融機関の利ざやは米国で3%ぐらいだが日本は1%程度」と述べ、企業の資金需要が少なくリスクに見合った利ざやが取れないのが原因との見方を示した。

しかし、調達金利は下限に到達、貸出金利は資金需要低迷を反映して低下傾向にあり、利鞘は縮小する一方です。銀行もお手上げです。

f:id:prof_nemuro:20140405165302g:plain

メディアには、日銀がやっていることについての正確な報道を期待したいものです。

 

関連記事

*1:現金は「預金を引き出したもの」なので、現金増加は「世の中に出回るお金=マネーストック=現金+預金」の増加を意味しません。まず預金が増えなければ、マネーストックは増えないということです。

*2:2013年7月22日「わが国の経済・金融情勢と金融政策―福島県金融経済懇談会における挨拶要旨―」