読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

コンピュータ化時代の職業選択

ドローン革命と「第四惑星の悪夢」】では、コンピュータが人間の仕事を奪う状況について見ましたが、その関連として、仕事がコンピュータ化される確率を推計した論文を紹介します。

アメリカの雇用の47%に、コンピュータに取って代わられるリスクがあると推計されています。特にリスクが高いのが、運輸・物流、事務・管理の補助業務、生産の分野だということです。下は、椅子取りゲームに勝ち残るアドバイスです。

For workers to win the race, however, they will have to acquire creative and social skills.

機械化や海外移転*1が困難(不可能)な対人サービスは残るので、いわゆる「コミュニケーション力」の重要性がますます高まるということでしょうか。「内向的な男」には辛いことになりそうです。

APPENDIXから、コンピュータ化されにくい低確率グループと、されやすい高確率グループを引用します。これからも長く働かなければならない人の、職業選択の参考になるかもしれません。

低確率12職種:ヘルスケア関連職が目立ちます。

  • 0.0028  Recreational Therapists
  • 0.003    First-Line Supervisors of Mechanics, Installers, and Repairers
  • 0.003    Emergency Management Directors
  • 0.0031  Mental Health and Substance Abuse Social Workers
  • 0.0033  Audiologists
  • 0.0035  Occupational Therapists
  • 0.0035  Orthotists and Prosthetists
  • 0.0035  Healthcare Social Workers
  • 0.0036  Oral and Maxillofacial Surgeons
  • 0.0036  First-Line Supervisors of Fire Fighting and Prevention Workers
  • 0.0039  Dietitians and Nutritionists
  • 0.0039  Lodging Managers

高確率12職種 :数字やデータを扱う仕事が目立ちます。

  • 0.99  Data Entry Keyers
  • 0.99  Library Technicians
  • 0.99  New Accounts Clerks
  • 0.99  Photographic Process Workers and Processing Machine Operators
  • 0.99  Tax Preparers
  • 0.99  Cargo and Freight Agents
  • 0.99  Watch Repairers
  • 0.99  Insurance Underwriters
  • 0.99  Mathematical Technicians
  • 0.99  Sewers, Hand
  • 0.99  Title Examiners, Abstractors, and Searchers
  • 0.99  Telemarketers

ちなみに、economistsは0.43で282位でした。

機械との競争

機械との競争

The Second Machine Age: Work, Progress, and Prosperity in a Time of Brilliant Technologies

The Second Machine Age: Work, Progress, and Prosperity in a Time of Brilliant Technologies

*1:Blinderは2007年に、アメリカの雇用の22~27%は潜在的に海外移転可能と推計していました。"How Many U.S. Jobs Might Be Offshorable?"