読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ノルウェーの高出生率の裏側~男の二極化

少子化・ジェンダー

少子化対策の参考例としてよく引き合いに出されるのが北欧諸国です。下は日本とノルウェーの合計出生率(TFR)ですが、日本で男女雇用機会均等が進んだ1980年代半ば以降、両国のTFRに差が付いたことが見て取れます。*1

f:id:prof_nemuro:20161022184223g:plain

北欧諸国が比較的高い出生率を維持している理由としては、

  • 徹底した男女の雇用機会均等→女が子育てしながら働き続けることが容易な社会制度整備
  • 結婚した夫婦と非婚同居(cohabitation)カップルの地位の同等化(→婚外子割合の増大:2013年には非婚カップルから生まれた婚外子の割合が44%と、夫婦の43%を上回る。残り13%はシングル。)
  • 子育てにフレンドリーな社会の空気

などが挙げられます。

全体の数字からは、国民の大多数がハッピーに見えますが、詳細に見ると、「遺伝子を残す」ことに関して、男の二極化が進んでいることが判明します(→性淘汰)。*2

ノルウェーの政府統計機関(Statistisk sentralbyrå)のレポート"Women and men in Norway" (2010)によると、45歳時点で子無しの割合は、女よりも男が顕著に高く、しかも増大中です。このことは、複数の女との間に子供をもうける男が増えていることを意味します。長い時間で見れば、一種の「一夫多妻」のようなものです。

The proportion of childless women has remained stable for many years. For women born between 1935 and 1950, less than 10 per cent of the 45-year-olds were childless. This increased to almost 12 per cent for women born in 1960. The proportion of 45-year-old childless men is considerably higher than for women of the same age, and an increasing number of men are childless. For men born in 1940, 14 per cent were childless at the age of 45, and this figure increased to 21 per cent among men born in 1960. This means that a large and increasing proportion of men are having children with more than one woman.*3

f:id:prof_nemuro:20160501064002g:plain

男女平等が進んだ比較的高出生率の社会において、男の1/4が生涯子無し=遺伝子を残すことにおいては「負け組」になるというパラドックスについて、ノルウェーの研究者が説明しています。

sciencenordic.com

高学歴のアッパーミドルでは、「仕事で遅れを取ることを懸念する→子供を持つことに踏み切れない→生物学的にタイムリミットが迫った女がしびれを切らせる→別れて別の男に走る→男が子無しのまま中年になってしまう」という因果関係です。

“Expectations of Norwegian men have rocketed,” explains Jensen.

“On the one hand we have strong demands on fathers to spend time with their children and families.”

“On the other hand, developments in working life force a mounting number of men into project jobs. As a result people are expected to be accessible for work all the time.”

“These demands are hard for many men to combine,” says Jensen. 

“Couples are constantly finding new reasons to delay a pregnancy. Men especially. There are so many things that have to be done or experienced before starting off. So one day the woman and the man split up, without children.”

……

As their biological clocks approach the age of infertility, women are eager to have children. But many men still entertain doubts; they procrastinate, and end up childless.

日本や東アジア圏では、【リッチ女性の「美味しい男」獲得競争がもたらす非婚化・少子化】や下の記事のように、女が結婚相手の高望みをする結果、出産可能年齢を過ぎてしまうことが出生率低下の主因ですが、ノルウェーでは、男の仕事への要求水準が高過ぎることが、子無し男を増やしていることになります。

diamond.jp

一方、日本の「マイルドヤンキー」的な労働者階級は、子供より趣味を優先したり、女に選ばれないことで子無しになるとされています。

… At the risk of generalising, it can be said they are more likely to be fans of spectator sports like football and might prefer to remain single to retain control over leisure time. Some working class men choose not to have children. Others are simply not found sufficiently attractive by women. 

結婚相手が不足する上の女と下の男】や【先進国を立ち枯れさせる「若者が成長できない症候群」】で述べたように、女が男に「自分より上(marrying up)」を求める傾向は、男女平等が進んだ北欧でも健在です。*4

Young Adult Failure to Thrive Syndrome  (IIASA)

Even in Norway, which had one of the world’s highest female labor force participation rates (79 percent in 2008), a 2008 survey finds that 7 out of 10 women prefer that the man is the main breadwinner of the family (NRK 2008; OECD 2010).

gendai.ismedia.jp

博士: 結論から言いますと、男性は自分より年収が高い女性と恋愛も結婚もできますし、女性も、自分より年収の低い男性と恋愛も結婚もできます。

ただ、基本的には、女性は自分より劣った男を好きにはなれません

dot.asahi.com

私自身はいま、1千万円には届きませんが、そんな年収の低い人と結婚するくらいなら一生一人でいいです。

f:id:prof_nemuro:20160112232858g:plain

ノルウェーでも、国内でパートナーを見つけられない「下の男」が、結婚相手になってくれる「下の女」を海外に求める傾向は、1990年代から顕著になっています。*5

f:id:prof_nemuro:20140608002151g:plain

女に対する「上の男」の比率が低下した結果、「上の男」の一部が、複数の女との間に子供をもうけることになるわけです。 

出生率の裏側の子無し男の増大について、研究者はフェミニズムと平等イデオロギーが、男に不利に働いたことを指摘しています。その一因は、雇用が安定した公的セクターに女が多いことです。

Nevertheless, she ascertains that feminism and equal opportunity ideology have had an unequal impact on men and women in Norway.

“Improved rights have made life easier for parents in Norway, but for women in particular.”

“Women are also more likely to work in the public sector, which offers more secure working conditions. Much has been done to make it easy and affordable for women in Norway to have children, at least in comparison to other countries.”

"Women and men in Norway"によると、女の5割が公的セクターで働いていますが、男は2割にとどまっています。

Today, 48 per cent of women and 19 per cent of men work in the public sector. These figures have remained stable in recent years. Women are more often employed in the local government sector, while there is a more even distribution of men between the local government and central government sectors. 

教育水準が同等化しても、男と女では職種に違いがあるためです。

Despite the increase in the education level, male and female career paths are still quite traditional. Typical female professions are teachers in kindergartens, primary and secondary schools, nurses, cleaners and secretaries. Typical male professions are craftsmen, building and construction workers, drivers and engineers.

フェミニズムと平等イデオロギーが、競争を煽って格差を拡大するネオリベラリズム新自由主義)と親和的であるとの指摘もあります。*6

www.theguardian.com 

…But lately I've begun to worry that ideals pioneered by feminists are serving quite different ends. I worry, specifically, that our critique of sexism is now supplying the justification for new forms of inequality and exploitation.

In a cruel twist of fate, I fear that the movement for women's liberation has become entangled in a dangerous liaison with neoliberal efforts to build a free-market society. That would explain how it came to pass that feminist ideas that once formed part of a radical worldview are increasingly expressed in individualist terms.

ノルウェーのクォータ制とヨーロッパの「上からのPC教化」】にも例を示しましたが、男女の違いを無視したイデオロギー的政策は、予期せぬ副作用を生んでいるようです。日本も他山の石とするべきでしょう。

補足

子育てにはコスト(金銭+労力)がかかりますが、そのコストが一人の男がもうける子供の数にリミットを掛けているとも言えます。現金及び現物給付を拡充して親の育児負担を解消すること(→育児負担を社会に転嫁するフリーライド)は、そのリミットを解除することなので、一部の男の"winner-take-all"につながる可能性があるわけです。他の男たちは意図的に子無しになるのではなく、「シングルマザーに優しい」社会システムによって子無しに追いやられていることになります。

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

*1:追記:一部のグラフをアップデートしています。

*2:ノルウェースウェーデンでは、①男の1/4が生涯無子、②新生児の母親の1/4は外国人、になっています。おそらく、大方の日本人のイメージとは大違いでしょう。

*3:下線は引用者。

*4:男が子無しになる構図はフラクタル構造のようなもので、全体として「下」が不利であるだけでなく、「中の上~上」の部分をとっても、キャリア競争で優位に立っていないグループが不利になるということです。女は自分の階層を基準にして男を選ぶ→男の各階層内で優劣がつくためです。

*5:女の相手(夫)の主な出身国はスウェーデンデンマーク、アメリカ、イギリス、男の相手(妻)の主な出身国はタイ、フィリピン、ロシアです。2013年の1人当たりGNIがデンマーク(61110ドル)スウェーデン(59130ドル)アメリカ(53670ドル)イギリス(39110ドル)ロシア(13860ドル)タイ(5370ドル)フィリピン(3270ドル)であることからも、女が「下」を望まないことが明白です(GNIは世界銀行のデータ)。

*6:男への要求(仕事+家庭+子育て)水準が引き上げられるとともに、ハードルを超えられず「淘汰」される男が増加しているわけですが、女が「仕事+家庭+子供」のすべてを得られるようにしたことの反面です。多くの女と一部の男が「得た」一方で、無視できない数の男が「失った」ことになります。