読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ブラック職種の日米比較:アニメータとITエンジニア

一攫千金の夢(妄想)に幻惑されたアメリカのスタートアップ企業の創業者は、報われない非合理的行動を取っている、という記事です。

It shows just how miserable the startup founder’s life is, and raises the question of why anybody would voluntarily subject themselves to such a thing.

A large part of the answer is that Silicon Valley is gripped by a mass delusion, compounded by a deep “fake it til you make it” attitude toward success.  

Founding a Silicon Valley startup, then, is a deeply irrational thing to do: it’s a decision to throw away a large chunk of your precious youth at a venture which is almost certain to fail. Meanwhile, the Silicon Valley ecosystem as a whole will happily eat you up, consuming your desperate and massively underpaid labor, and converting it into a few obscenely large paychecks for a handful of extraordinarily lucky individuals. On its face, the winners, here, are the people with the big successful exits. But after reading No Exit, a different conclusion presents itself. The real winners are the happy and well-paid engineers, enjoying their lives and their youth while working for great companies like Google. In the world of startups, the only winning move is not to play.

「エンジニアは起業するよりも、組織がしっかりした大企業で働いたほうが幸せ」や、「スタートアップ企業における勝者は、創業者ではなく、十分な報酬を得るエンジニア」と指摘しています。

勝ち組のアマゾンでも、エンジニアは無茶苦茶な働きを要求されたようですが、それなりの対価は得ていたようです。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

上の記事は、アメリカが圧倒的に強いICT産業のことについてですが、クールジャパンの担い手の日本のアニメ産業はどうでしょうか。

日本アニメーター・演出協会の2009年調査では、20代アニメーターは平均年収が110万円だった。

もののけ姫』がメガヒットすると、関係者100人に100万円ずつ分配し、私設保育園も設けられた。

アメリカのスタートアップ企業創業者の場合、「宝くじ」に当たる可能性は小さいながらもゼロではないため我慢しているわけですが、日本では、当たる見込みのない人までが、"underpaid labor"で我慢しているわけです。夢があるアメリカと、夢の無い日本の違いです。

これが、自称「世界一の経済大国」の成れの果てです。