読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

NY連銀エコノミストのTPP分析

ニューヨーク連邦準備銀行エコノミスト他による、環太平洋経済連携協定(TPP)のアメリカ経済に与える影響の分析です。

グラフを見るだけで大体理解できますが、まとめると

  • アメリカの輸出先の関税率は既に低い(NAFTAの効果が大)
  • 高い関税率は製造業よりも農業に多い
  • 農産物の高関税率では日本が目立つ

ということです。主要貿易相手国とはNAFTA等で自由貿易が実現されているため、TPPによってアメリカが得る利益は大きくないものの、日本が加盟すると倍増すると推計されています。アメリカが日本引き入れに熱心なことの説明になります。

… As the chart below shows, roughly 30 percent of U.S. exports to Japan are subject to some nonzero tariff rate, indicating substantial scope for liberalization, particularly in agricultural industries.

This highlights the fact that Japan joining the TPP has the potential to be a game-changer. As noted in a recent study, the estimated gains for the United States are twice as high with Japan in the TPP than not.

もっとも、不確実な要因も多く残っています。

…, the expected value of the deal for U.S. trade arising from lowering import tariffs is correspondingly uncertain.

不確実かつアメリカ経済全体にとっては大きな利益にはならないにもかかわらず、アメリカ政府がTPPに熱心な理由は、下の部分にありそうです。(強調は引用者)

The TPP focuses primarily on promoting trade and investment. However, there are also many other issues on the table beyond trade, such as intellectual property protection and investor-state dispute settlement, which could turn out to be stumbling blocks.