読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

先進国に広がる人口危機と日本政府の対応

人口・少子化

「年金受給開始年齢75歳」の曲解と年金危機の本質】の続きです。

オックスフォード大学のGoldin教授が、低出生率がもたらす将来の世界的危機について警告しています。

Prof Goldin said in many Western economies children are no longer an asset and have become a burden.

“When women get educated and people get urbanised the cost of having children goes up and the benefits go down.

“They are just a burden in their youth and then they vanish. People are choosing to have pets not children.”

  • 経済社会構造の変化により、子供が「資産」から「負担」になった。
  • 女の高学歴化・人々が「経済合理的」になった→子供の高コスト化と利得の減少→子供よりペットを選ぶ人が増加

などの指摘です。子育てを個々人の「負担」にしないことが少子化対策に必要であることは、フランスの人口・人類学者のトッドも指摘しています。

特に教育が重要だ。フランスでは政府の教育費補助によって、幼稚園から大学までほとんど無料になっている。だから、中流階級の女性にとって、子供を産むことは人生での劇的な決定ということではない。

……

つまり少子化の解決策は、国による家族支援が効果を発揮するということだ。現在の日本ではかなりの割合で大学などの高等教育を受けている。子供を産んで高等教育を受け、有能な大人に成長するまでに25年はかかる。

そういう状況で子供を産むという決断は、国が手厚い支援をしない限り、重大なものになる。

日本政府の方策は的を射ているでしょうか。

Ms Koike intends to achieve this target in her current role as head of the Machikon-Konkatsu Parliamentary League, a government group set up last year to deal with the issue of a declining population.

Next month, on July 7 – the date of a national festival associated with romance in Japan - Ms Koike's parliamentary group will also host its first matchmaking party in Tokyo, with around 40 men and 40 women expected to attend in the hope of finding a future spouse.

 

Is the Planet Full?

Is the Planet Full?


"Is the planet full?" - Panel discussion at the FT ...