読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

『21世紀の資本論』の論争続く

欧米で話題を呼んでいる『21世紀の資本論』で、データが不適切に扱われているとFT紙が指摘した件に、著者のPikettyが反論しています。

問題を指摘したFTのGilesは、一部には同意できるものの、依然として見解の相違が残るとしています。

一方、データの扱い方とは別に、Pikettyが唱える「法則」、すなわち格差拡大が必然であるとする理論的根拠への疑問も出されています。

Based on this expression, Piketty then argues as follows. First, the return to capital is insensitive to how much capital is accumulated. As a result, capital’s share of income will be determined largely by s/g. This, he asserts, will rise rapidly in the future, since most experts expect population growth to fall toward zero and technology growth to decline substantially, too.

Putting this together, regardless of what s is, we are poised for a very sharp rise in s/g (so long as s is positive).

なお、"s is the savings rate in the economy and g is the sum of the growth rates in population and technology."です。

KrusellとSmithは、このPikettyの「法則」は極端な仮定から導かれており、現実的ではないと指摘してます。

We are not sure why Piketty has chosen such an extreme assumption on saving. We have looked in the source materials underlying the book for a test of his assumption, and a comparison with the obvious alternative, and standard, theories, but did not find a clear test or comparison. What is clear, however, is that what lies behind his extreme predictions is his extreme – and, we think, unrealistic – assumption about saving. 

論点は大別すると二つです。

  1. データの取り扱い方の妥当性について:格差拡大は事実か?
  2. 理論の妥当性について:拡大しているならそのメカニズムは?

新自由主義的経済政策支持者は、1 and/or 2を否定することで、格差は拡大していない→これまでの経済政策に問題はない、という結論に誘導したいように見えます。逆に、新自由主義に批判的な論者は、「格差拡大は事実なのだから、1と2に問題があったとしても重要ではない」と言いたいようです。

経済政策を巡る論争は、イデオロギーとは無縁ではいられないようです。

 

参考記事

 

関連記事