読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

出生数減少と日本社会の失敗

人口・少子化

厚生労働省が、2013年の出生数と合計出生率を公表しました。

合計出生率は1.43と微増傾向が続いていますが、出生数は約103万人と20世紀以来の最少を更新しました。100万人割れは時間の問題です。

f:id:prof_nemuro:20140604214826g:plain

f:id:prof_nemuro:20140604214825g:plain

注意が必要なのは、合計出生率の上昇は、出産時期の先延ばし(晩産化)が一段落したことによるもので、若い世代ほど出生率が低下する傾向は反転していないことです。

コーホート出生率を見ると、1960年代生まれ以降の世代(男女雇用機会均等法世代)で出生率低下傾向が止まっていないことが分かります。

f:id:prof_nemuro:20140604220207g:plain

(40歳代に達した時点における累計出生率が、1950年と1955年生まれでは約2、1965年生まれでは約1.6であることを示す。)

単純化すると、均等法世代以降、女の人生設計に「働く」が入ったために、「結婚・出産」が押し出されてしまったわけです(クラウディングアウト?)。女の「働く」と「結婚・出産」を両立させるための経済社会変革を怠った結果が、出生率の大幅低下です。*1

人生設計の常識を大きく変えるような「明治維新と同じくらいの革命的な政策*2」をとらなければ、日本の経済社会の収縮は止められないでしょう。

 

追記

「性別役割分担」が少子化対策にならない理由】より

妊娠・出産を男女同一化することは生物学的に不可能なので、働き方を男女で同一化しないことが、ワーク・ライフ・バランスには必要です。働き方を男女同一化すると、女が妊娠・出産しない、という形で男と同一化してしまいます。

 

参考記事

*1:当然ですが、男のワーク・ライフ・バランスも変えなければなりません。

*2:エマニュエル・トッドの言葉