読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ECBがマイナス金利を導入

金融

欧州中央銀行(ECB)が5日、利下げを発表しました。

予想されてはいましたが、中銀預金金利(Deposit facility interest rate)が0%から-0.1%へ引き下げられたことが注目されています。

2012年7月に0.25%から0%に引き下げられた際には、"deposit facility"から"current accounts"の超過準備(excess reserves)に大規模シフトするだけでしたが、今回は超過準備にも負の金利が適用されます。

f:id:prof_nemuro:20140606002750g:plain

f:id:prof_nemuro:20140606002751g:plain

しかし、その貸出増や景気刺激の効果は疑問です。

負の金利の前例にはデンマーク(2012年7月~2014年4月)がありますが、これは「ユーロ不安の高まり→相対的に健全な経済パフォーマンスのデンマークが"safe haven"に→クローネ買い増加→クローネ高」を止めることが目的でした。金融政策の目標が「為替レート維持」なので、今回のECBとは異なります。銀行が負の金利のコストを貸出先に転嫁する懸念は現実化しませんでしたが、貸出増加にもつながりませんでした。

Overall, the negative deposit rate introduced by Danmarks Nationalbank in July 2012 was successful in limiting capital inflows and helped to push back the exchange rate of the Danish krone toward the central parity. Therefore, the adoption of the negative deposit rate was helpful in reaching the major objectives of its introduction. […] The evidence suggests that the rate cut did not lead to changes in retail interest rates, nor an increase in bank lending.

昨年1月に「負の金利政策」を"foolish"と切り捨てていたセントルイス連銀のエコノミストにとっては、ECBの今回の決定は想定外だったようです。

Some analysts have argued that such examples suggest that central banks should consider setting negative policy rates, including negative rates on deposits held at the central bank. Such proposals are foolish for a number of reasons. First, a policy rate likely would be set to a negative value only when economic conditions are so weak that the central bank has previously reduced its policy rate to zero. Identifying creditworthy borrowers during such periods is unusually challenging. How strongly should banks during such a period be encouraged to expand lending? Second, negative central bank interest rates may be interpreted as a tax on banks—a tax that is highest during periods of quantitative easing (QE). […] Perhaps these and other considerations caused European Central Bank President Mario Draghi in a recent press conference to label negative deposit rates "uncharted waters" and dismiss any possibility that the ECB would consider it.

量的緩和に続き、金融政策の「壮大な実験」が観察できるという意味では面白くなりそうです。

ECBのマイナス金利解説】に続く。

 

追記

関連記事に書いていますが、銀行は自ら預金を創造して貸し出すのであって、中央銀行に預けているマネーを貸し出すわけではありません。したがって、「0.1%の金利をECBに支払いたくない→中銀預金を貸出に回す」ことはありません(というより「できない」)。

 

関連記事