読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ECBのマイナス金利解説

金融

ECBがマイナス金利を導入】の追加です。

Deposit facilityと超過準備の金利を-0.1%にしたことについてECBが説明しています。

To maintain a functioning money market in which commercial banks lend to each other, these rates cannot be too close to each other. Since the deposit rate was already at 0% and the refinancing rate at 0.25%, a cut in the refinancing rate to 0.15 % meant the deposit rate was lowered to − 0.10 % to maintain this corridor.

短期金融市場を円滑に機能させるためにはdeposit rateとrefinancing rateに金利差が必要→金利差維持&refinancig rate引き下げ→deposit rateが負に

というロジックです。

f:id:prof_nemuro:20140608012658g:plain

確かに、deposit rateとrefinancing rateの25bp差は維持されています。

f:id:prof_nemuro:20140608012700g:plain

金利を負にすることが狙いではなく、refinancing rateを利下げしたら結果的にdeposit rateが負になった、というニュアンスです。

負の金利に銀行がどう対応するかですが、中銀預金の押し付け合い(ホットポテト)か、おとなしく金利を支払うかと予想されています。

The more likely outcome is that banks either lend money to other banks or pay the negative deposit rate.

ECBは負の金利をそれほど大事とは考えていないようです(少なくとも、そのようなスタンスを示しています)。