読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

AERAの“「高学歴は美男美女」を斬る”を斬る

AERA』6/16号の「大特集 学歴再考」に、「持たざるものの負け惜しみですが…「高学歴は美男美女」説を斬る」という編集部・直木詩帆のコラムが掲載されています。抜粋は下のリンクにあります。

AERA (アエラ) 2014年 6/16号 [雑誌]

AERA (アエラ) 2014年 6/16号 [雑誌]

アエラは2006年に「東大女子の6割は美人」と報じたが、最近はイケメンも多い。なぜか。*1

これについては【東大生の容姿が人並み以上な理由】で論じていますが、コラムではその説を頭ごなしに否定しています。

高学歴の男女が社会で成功し、容姿のよい伴侶を得て、頭も容姿もよい子どもが生まれた、という身もふたもない説がある。だから何! これは検討する意味がない。

それに代わって「勉強が得意な人は要領もいい」や「引き算が上手」説が唱えられていますが、昔の東大生がダサかったことや、生まれつきの容姿の説明にはなりえません*2

みもふたもない現実を直視できないようでは、ジャーナリスト失格でしょう。

*1:[引用者注]いくらなんでも「6割」は言い過ぎでしょう。

*2:韓国人のように整形の賜物ではないはずです。