読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

低信頼社会と高福祉国家

日本が北欧諸国のような高福祉国家になれない理由としてよく挙げられるのが、日本には北欧ほど政府(政治)や他人に対する信頼がない、ということです。自分の支払った税金が不正受給者の懐に入ることはない、という信頼感がなければ、高福祉に必要な高負担(高税率)が実現できないからです。「高信頼→高負担→高福祉」ということです。

ところが、高福祉は必ずしも高信頼を必要としない、という興味深い研究があります。

On one hand, uncivic people support large welfare states because they expect to benefit from them without bearing their costs.

In this context, large welfare states can exist in societies populated by a majority of untrustworthy individuals who cheat on social benefits and taxes, and where the share of civic citizens is nonetheless large enough to raise a significant amount of taxes.

From the World Values Survey, we find that untrustworthy individuals support the welfare state more strongly than civic ones.

生活保護の不正受給者のように、他人にたかろうとする"untrustworthy","uncivic"な人も高福祉を望むので、北欧のような高信頼社会でなくても、高福祉国家になり得るということです。日本が高福祉国家でないのは、信頼が中程度であることが一因ということでしょうか。 

信頼と自由

信頼と自由

クレクレタコラ DVD-BOX

クレクレタコラ DVD-BOX