読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

労働力減少と外食産業の行方

 6月の完全失業率は若干悪化しましたが、有効求人倍率は1.10倍に上昇し、労働需給のタイト化が続いています。*1

f:id:prof_nemuro:20140730003117g:plain

最近、急に「人手不足」の先行きについて騒がれるようになってきましたが、それに関してアメリカのエコノミストDean Bakerが簡潔に説明しています。(強調、下線は引用者)

In a market economy, wages adjust to equilibrate supply and demand. If there are fewer workers in Germany it means that workers will leave less productive sectors, like retail trade, restaurants, and hotels, and instead move to sectors in which they can get a higher wage. Many of the firms in the less productive sectors will go out of business.

This would just mean that low productivity jobs cease to exist. So what?

下のような企業がどうなるか注目されます(so what?)。

*1:この流れは、アベノミクス始動前の民主党政権時代から始まっています。