読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

9年前の「仲根かすみと和田が結婚」の誤解

下の記事を読んで、以前に野球ファンから聞いた話を思い出しました。

その野球ファンが2005年12月12日の朝、起床してテレビをつけたところ、

  1. 記者会見する仲根かすみと「仲根かすみと和田が結婚」というテロップが目に入った。
  2. その瞬間、仲根かすみ西武ライオンズ(当時)の和田一浩という組み合わせに強烈なミスマッチを感じた。
  3. 仲根かすみは特殊な趣味」と自分を納得させかけたところで、「何か違う」という考えが浮かんできた。
  4. 数秒後に和田=ソフトバンクホークス和田毅と思いついて違和感が解消した。

という思考プロセスを経験したそうです。

この場合、誤解は速やかに解消されましたが、これほど違和感が大きくなければ、他のニュースを見るまで誤解したままだった可能性が大です。人間は多くの情報を誤解したままにしている可能性があるということでしょう。

誤解学 (新潮選書)

誤解学 (新潮選書)

…伝え手のメッセージの内容に対して受け手はふつう、何らかの事前情報を持っている。この知識が先入観となって伝え手のメッセージを歪めて受け取ってしまうのだ。[p.115]

誤解を避けるためには、論理力が重要ということです。

伝え手側の省略や説明不足の問題は、ある意味で不可避な問題であり、結局は受け手の理解力で補わなくてはならない。それは無いものを想像で補う力であり、ここでロジックが重要になる。[p.123]

 

関連記事