読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

日本の女が(相対的に)幸せな理由

少子化・ジェンダー

下の朝日新聞の特集のように、日本は女が不当に抑圧された「女はつらいよ」の社会であるという主張がよく聞かれます。

www.asahi.com

しかし、このような主張をする進歩的な人々にとっての「不都合な真実」は、日本が「世界一、女が幸せ」な国であることです。

blogos.com

相対的に男が幸せでない国、逆に言えば、女が幸せな国なのが日本なのである。

世界経済フォーラムが発表しているジェンダー・ギャップ指数では、日本は136カ国中105位と最下位層に位置し、いかにも女性が不幸に陥れられているような印象を受ける。

しかし、世界価値観値調査(2010)では、「非常に幸せ」および「やや幸せ」と回答した女性は90.4%、男性は82.2%と、8.2ポイント女性の方が高い。内閣府男女共同参画白書の調査(2010)でもこの傾向は同様で、「現在幸せである」と回答したのは女性が34.8%なのに対して、男性は28.1%だ。

「女の子が欲しい」という願望の強さも、日本が「女が幸せ」な国であることを示唆しています。

www.excite.co.jp

dot.asahi.com

進歩的な人々が現実を誤認してしまっているのは、日本社会が「男女分業社会」であることを理解していないためと考えられます。

下の二つのグラフは、進歩的な人々が理想とする、男女平等先進国のスウェーデンの主要職種の男女構成ですが、偏りの存在が一目瞭然です。

f:id:prof_nemuro:20140806232208g:plain

f:id:prof_nemuro:20140806232207g:plain

対人サービスや補助的業務は女に偏り、力仕事や機械操作は男に極端に偏っています(高リスクの職業は男に集中)。注目すべきは、家事・育児に相当する職種は女が多数を占めていることです。このことは、進歩的な人々が忌み嫌う「女は内で家事・育児を主に担当、男は外で力仕事や技能労働を主に担当」が、男女それぞれの選好と適性を反映した効率的な分業であることを示唆します。そう考えると、下の調査結果は何の不思議もありません。

女性と男性の幸福度に最も差があるのが主婦/主夫で、女性の主婦が43.6%なのに対して男性の主夫は21.0%。さらに、退職者でも女性が43.8%と高い割合で幸せと感じているのに対して、男性は25.6%と低い。逆に正規雇用者をみると、男性の幸福割合は30.7%なのに対して女性は25.8%と唯一男女の幸福度が逆転している。

ジェンダー・ギャップ指数の低さは、政治参画と経済参画が低いことの反映ですが、これは、日本の女がそれらをあまり好まず、男に任せていることの結果ではないかということです*1。なので、ジェンダー・ギャップ指数の低さと幸福度の高さが両立するわけです。

もっとも、このような選好と適性はあくまでも「一般的傾向」であるため、男並みにバリバリ働きたい("Lean In"したい)少数の女の目には、男が多数であることを前提とした経済や政治の既存システムが「壁」「差別的」と映ります*2。このような人は意欲的で声が大きいため、「日本は女が抑圧された社会」というのが国内外の通説になっているわけですが、現実には、厳しい競争にさらされる男の方が不幸せです。

もちろん、経済のサービス化に伴って「女優位」の職種が増えているので、女が働きやすい労働環境の整備を進めることは極めて重要ですが、仕事と出産・育児がある程度トレードオフの関係にあることも考慮すると、"Lean In"ではなく、オランダや福井モデルが落としどころではないでしょうか。

www.sankei.com

福井県が公開しているデータによれば、同県の女性の有業率は53.0%で全国1位、共働き世帯割合も36.4%で1位と、女性の社会進出が目立つ上、  

福井県には、女性の社会進出の割に管理職への登用が少ない(全国41位)などの課題があるのも事実。 

www.slate.com

Less than 4 percent of women wish they had more working hours or increased responsibility in the workplace, and most refuse extended hours even when the opportunity for advancement arises.

"We look at the world of management—and it is a man's world—and we think, oh I could do that if I wanted," says Maaike van Lunberg, an editor at De Stentor newspaper. "But I'd rather enjoy my life." 

Dutch psychologist Ellen de Bruin explains that key to a Dutch woman's happiness is her sense of personal freedom and a good work-life balance. 

Dealing with the Dutch

Dealing with the Dutch

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

*1:文句は言うが、自分はやりたくない。

*2:女が支配的な環境に男が入った時の居心地の悪さと同じです。