読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

リフレ論者の「永続緩和論」

日本銀行の量的・質的金融緩和は、今年末にマネタリーベースを270兆円(うち日銀当座預金175兆円)に増やす目標となっていますが、リフレ論者から「マネタリーベース500兆円」の主張が飛び出しました。


株価上昇には金融緩和、500兆円目指せ=中原・元日銀審議委員 | Reuters

さらなる株価上昇のためにも日銀の金融緩和が重要とし、今年末270兆円が予定されている資金供給量(マネタリーベース)を2016年末までに500兆円に増額するのが望ましいと述べた。

現在のマネタリーベースは250兆円まで増えましたが、4月の消費税引き上げ以降、日銀当座預金残高とインフレ率がデカップリングしていることが、追加供給の必要性の根拠の一つとされているようです。

全国の日用品価格を集計した日経・東大日次物価指数が下落基調にあると指摘し、1992年1月のバブル経済崩壊時と似ていると警戒。「2012年に底を打った日本経済は、今年1月にピークを付けた公算が大きい」との見方を示した。

f:id:prof_nemuro:20140917225134g:plain

マネタリーベース270兆円は対GDP比では約55%ですが、500兆円だと約100%になります。現在のアメリカが約25%、スイスが約60%なので、実行されれば世界的にも異例の規模となります。

リフレ論者のロジックは「マネタリーベースを増やす→インフレ率・株価上昇」なので、マネタリーベースを大幅に増やしたアメリカ、スイス、日本についてインフレ率の推移を確認します。*1

f:id:prof_nemuro:20140917225147g:plain

f:id:prof_nemuro:20140917231818g:plain

f:id:prof_nemuro:20140917225150g:plain

「マネタリーベースを増やす→インフレ率」が成立しているように見えるでしょうか。

このロジックでは「インフレ率が目標水準に達していない→マネタリーベースが足りない→追加供給」となりますが、それについてリチャード・クーは次のように評しています。

The Holy Grail of Macroeconomics: Lessons from Japans Great Recession

The Holy Grail of Macroeconomics: Lessons from Japans Great Recession

Even though quantitative easing failed to produce the expected results, the belief that monetary policy is always effective persists among economists in Japan and elsewhere. To these economists, quantity easing did not fail: it simply was not tried hard enough. According to this view, if boosting the excess reserves of commercial banks to ¥25 trillion has no effect, then we should try injecting ¥50 trillion, or ¥100 trillion.

At the risk of belaboring the obvious, imagine a patient in the hospital who takes a drug prescribed by her doctor, but does not react as the doctor expected, and, more importantly, does not get better. When she reports back to the doctor, he tells her to double the dosage. But this does not help, either. So he orders her to take four times, eight times, and finally a hundred times the original dosage. All to no avail. Under these circumstances, any normal human being would come to the conclusion that the doctor's original diagnosis was wrong, and that the patient suffered from a different disease.*2

クーとリフレ論者のどちらが"normal human being"でしょうか。

ちなみに、「永続緩和論」のルーツは、1998年のクルーグマン論文"It's baaack: Japan's slump and the return of the liquidity trap"のようです。

If a monetary expansion is perceived to be permanent, it will raise prices (in a full-employment model) or output (if current prices are predetermined).

A monetary expansion that the market expected to be sustained (that is, matched by equiproportional expansions in all future periods) would always work, regardless of whatever structural problems the economy might have;…

「永続緩和は必ず効く→効いていないということは緩和が足りないということ」という主張でした。

日銀はだれのものか

日銀はだれのものか


増やすマネタリーベース/停滞する生産活動 - Think outside the box

*1:アメリカとスイスの株価はリーマンショック前の高値を更新しています。

*2:強調は引用者