読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

大韓民国の経済概観

ウォン高等で崩壊間近と言われ続けている韓国経済について確認してみます。

日本の実質GDP成長率はアベノミクスで上向きましたが、韓国の成長率は日本を上回り続けています。*1

f:id:prof_nemuro:20140926222014g:plain

韓国経済のアキレス腱と言われているのが、家計負債の増加です。 


韓国、低金利時代で家計負債が急増:日経ビジネスオンライン

韓日の資金循環統計(ストック)を比較します。*2

f:id:prof_nemuro:20140926222016g:plain

f:id:prof_nemuro:20140926222019g:plain

f:id:prof_nemuro:20140926222017g:plain

f:id:prof_nemuro:20140926222020g:plain

家計負債の対GDP比は日韓でほとんど同じ(80%強)ですが、資産は日本が大きく上回っています。もっとも、日本の家計資産の大きさは、政府の負債が大きいことと表裏一体です。韓国は政府が資産超過です。*3

これでは満足できない人のために、最後に鉱工業指数です。2011年から停滞している国内出荷に続き、輸出も2013年から停滞しています。生産は微増にとどまる一方で、在庫が積み上がっています。

f:id:prof_nemuro:20140926231938g:plain

日本のエレクトロニクス産業を苦しめた情報通信機器部門では、その傾向が顕著に表れています。

f:id:prof_nemuro:20140926231939g:plain

一時的な踊り場なのか、成長の屈折点になるのか注目されます。(それよりも日本経済が心配ですが)

ヤバイ! 韓国経済 (別冊宝島 2107)

ヤバイ! 韓国経済 (別冊宝島 2107)

*1:グラフの傾きが実質GDP成長率を表す。

*2:家計には対家計民間非営利団体を含む。

*3:粉飾していないとする。