Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

The Economist:輸出低迷のミステリー

"The Economist"が、大幅な実質円安にもかかわらず、輸出数量が増えない“ミステリー”についての記事を載せています。


The Economist explains: The mystery of Japan’s sluggish exports | The Economist

記事中では、

  1. 海外経済が弱い
  2. 自動車メーカーが現地価格を引き下げていない(数量増よりも利益確保を優先)
  3. 海外生産シフト
  4. 非価格競争力の喪失

の4つが可能性として挙げられています。過去の輸出数量指数と実質実効為替レートの相関関係からの乖離の大きさは、構造的要因(3と4)が無視できないことを示しているようです。

f:id:prof_nemuro:20141008015652g:plain

f:id:prof_nemuro:20141008015650g:plain

円高是正は国内生産増(→雇用増・給与増)に必要ですが、十分ではありません。不足要素を補って国内生産回帰につなげられなければ、アベノミクスによる日本経済再興ははかない夢と終わるでしょう。


輸出停滞は「中国に競り負けた」ためか - Think outside the box


輸出・設備投資停滞と日本経済に働く収縮力 - Think outside the box


日独財政の違いを生んだ為替レート変動 - Think outside the box


第一の矢を無効化する第三の矢 - Think outside the box