読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

量より金利

金融

銀行は貸出によって預金を創造するわけですが、そうすると疑問として湧いてくるのが、貸出競争によってマネーストックが際限なく増大(→バブル、高インフレ)してしまわないのかということです。

金融ビッグバンの幻想と現実

金融ビッグバンの幻想と現実

銀行が自分で「おカネをつくりだして」貸し出しができるのであれば、銀行はいくらでも無制限に貸し出しできるはずだから、日本銀行が金融を緩めたり引き締めたりすることなどおよそできない、ということになるはずだからです。

もちろん、そのようなことはありません。

銀行はなぜ預金集めをするのか[…]その答えは簡単です。それは、一言で言えば、預金の支払い(払い戻し)をするためです。私たちは、銀行が預金集めをするのは貸し出しのための「原資」を調達しなければならないからだと考えがちですが、実際にはそうではなく、銀行はある預金の払い戻しに必要な資金を別の預金で調達しているのです。簡単に言えば「預金で預金の支払いをしている」――これが現代の銀行なのです。

銀行は銀行間決済に用いる中銀当座預金と、預金口座から引き出される現金は創造できないので、その調達にはコスト(金利)がかかります。中銀当座預金の調達コストはインターバンク金利、現金の調達コストは預金金利で、どちらも中央銀行政策金利に左右されます。政策金利は借入金利を通じて資金需要にも影響します。

日本銀行インターバンク市場での金利誘導がオープン市場、特にCDの金利に影響しますと、それはその他の預金金利全般を変化させます。そうすると預金者としての私たちの生活に直接影響しますし、それだけでなく銀行にとっては調達コストのほとんどが変化することになりますから、そういう意味からも採算上銀行は企業や個人への貸出金利を変更せざるをえないということになるわけです。*1

以下、イングランド銀行の解説です。

In reality, neither are reserves a binding constraint on lending, nor does the central bank fix the amount of reserves that are available. As with the relationship between deposits and loans, the relationship between reserves and loans typically operates in the reverse way to that described in some economics textbooks. Banks first decide how much to lend depending on the profitable lending opportunities available to them — which will, crucially, depend on the interest rate set by the Bank of England. It is these lending decisions that determine how many bank deposits are created by the banking system. The amount of bank deposits in turn influences how much central bank money banks want to hold in reserve (to meet withdrawals by the public, make payments to other banks, or meet regulatory liquidity requirements), which is then, in normal times, supplied on demand by the Bank of England.

  • 中銀当座預金(reserves)の量は銀行貸出の制約ではない。
  • 銀行が収益性の判断に基づいて貸出額を決める→中銀当座預金の必要額が決まる→中央銀行が需要に応じて(on demand)市場に当座預金を供給する*2
  • 中央銀行政策金利→銀行の収益性判断を左右→貸出額を左右

This description of money creation contrasts with the notion that banks can only lend out pre-existing money, outlined in the previous section. Bank deposits are simply a record of how much the bank itself owes its customers. So they are a liability of the bank, not an asset that could be lent out. A related misconception is that banks can lend out their reserves. Reserves can only be lent between banks, since consumers do not have access to reserves accounts at the Bank of England.*3

  • 預金は銀行の負債であって貸し出せる資産ではない(→貸出は事前の預金量に制約されない) 
  • 中銀当座預金も同様に貸し出せない(→貸出は事前の中銀当座預金の量に制約されない)

for the aggregate banking sector, loans are initially created with matching deposits. But that does not mean that any given individual bank can freely lend and create money without limit. That is because banks have to be able to lend profitably in a competitive market, and ensure that they adequately manage the risks associated with making loans.

  • 貸出が預金を創造する(←銀行の貸出は預金量に制約されない)ことは、個々の銀行が際限なく貸出できることを意味しない。
  • 採算の取れない貸出、リスク管理の限度を超える貸出はできない(不良債権になってしまうため)。

Banks receive interest payments on their assets, such as loans, but they also generally have to pay interest on their liabilities, such as savings accounts. A bank’s business model relies on receiving a higher interest rate on the loans (or other assets) than the rate it pays out on its deposits (or other liabilities). Interest rates on both banks’ assets and liabilities depend on the policy rate set by the Bank of England, which acts as the ultimate constraint on money creation. The commercial bank uses the difference, or spread, between the expected return on their assets and liabilities to cover its operating costs and to make profits. In order to make extra loans, an individual bank will typically have to lower its loan rates relative to its competitors to induce households and companies to borrow more. And once it has made the loan it may well ‘lose’ the deposits it has created to those competing banks. Both of these factors affect the profitability of making a loan for an individual bank and influence how much borrowing takes place.

  • 銀行のビジネスモデルは利鞘(資産運用利回り-負債調達コスト)をプラスにして諸経費をカバーすること。
  • 資産運用利回りと負債調達コストは中央銀行政策金利に左右される。従って、政策金利が貸出の「究極の制約」になる。(上の山口の説明と同じこと)
  • ①銀行が貸出を増やしていく→新規に借り入れてもらうためには貸出金利を下げる必要がある、②銀行が貸出を増やす→預金が他行に流出する可能性がある(引き止めるための調達コストの上昇)。
  • 銀行が貸出を増やす→①と②より利鞘縮小→貸出限度に突き当たる→貸出増加が止まる

Central banks do not typically choose a quantity of reserves to bring about the desired short-term interest rate. Rather, they focus on prices — setting interest rates. The Bank of England controls interest rates by supplying and remunerating reserves at its chosen policy rate. The supply of both reserves and currency (which together make up base money) is determined by banks’ demand for reserves both for the settlement of payments and to meet demand for currency from their customers — demand that the central bank typically accommodates.

This demand for base money is therefore more likely to be a consequence rather than a cause of banks making loans and creating broad money. This is because banks’ decisions to extend credit are based on the availability of profitable lending opportunities at any given point in time. The profitability of making a loan will depend on a number of factors, as discussed earlier. One of these is the cost of funds that banks face, which is closely related to the interest rate paid on reserves, the policy rate.

  • 通常、中央銀行は中銀当座預金の量ではなく金利をコントロールする。
  • マネタリーベースの量は銀行や利用者の需要によって決まる。中央銀行は需要に応じてaccommodateする。
  • マネタリーベースの量は銀行貸出の原因ではなく結果
  • 中央銀行政策金利が貸出の収益性を左右する→貸出額も左右する

イングランド銀行の解説は「日銀理論」そのものです。これが世界の中央銀行の標準理論です。

これらに加えて、銀行の信用リスク(→調達コストに反映)や資本規制等も貸出の制約になりますが、根本的には

  • 資産側:貸出の限界収益の逓減(←採算の取れる貸出機会は有限←経済成長に限度があるため)
  • 負債側:中央銀行政策金利

が上限を決めているということです。地下資源の採掘量が、市場価格と採掘コストの差によって決まることと似ています。中央銀行は「採掘コスト」をコントロールすることで、市場価格と需要と採掘量に影響を与えることができます。(ただし、資源が不要になって需要が激減し、市場価格が暴落すると、採掘コストを引き下げても採掘量を増やす効果はありません。)

Money creation in practice differs from some popular misconceptions — banks do not act simply as intermediaries, lending out deposits that savers place with them, and nor do they ‘multiply up’ central bank money to create new loans and deposits.

貨幣乗数理論のように中銀当座預金が'multiply up'されて「預金が預金を生む」わけではないので、中銀当座預金や預金の量ではなく価格=調達コスト(金利)が貸出の量を左右する、すなわち制約となるわけです。量的緩和が貸出急増につながらなかったのは、中銀当座預金の量は激増しても金利は変わらなかったためです。「量ではなく価格」の実証例です。

日本銀行金融研究所長(当時)の翁邦雄も、15年前に「ゼロ・インフレ下の金融政策について―金融政策への疑問・批判にどう答えるか―」*4で同じことを主張していました。

金融論の教科書にある最もシンプルな信用乗数論の世界では、銀行にとって貸出機会が無限にあるにもかかわらず、準備預金の制約で十分資金が貸せない、ということを想定しているので、中央銀行が準備を供給するとすぐ貸出が増え、結果として所要準備額が増えて超過準備がゼロになる。しかし、超過準備が恒常的に発生し、準備預金の量や銀行の調達金利が銀行行動の制約でなくなっている状況、あるいは、準備預金でなく銀行の自己資本や企業の健全性が銀行与信の制約になっている状況では、超過準備の積み上げが貸出を増やすというメカニズムは担保されていない。*5

イングランド銀行"misconception"と現実の金融の仕組みの違いについて懇切丁寧に解説していますが、"misconception"がdie hardなのは、山口が指摘するように、「現実の金融」が「狭い常識」とは大きく異なっているからでしょう。

私たちが当たり前のことだと信じている「常識」のかなりの部分が現実とは違っているからです。私たちは知らないうちに、自分たちの「狭い常識」のなかに「現実の金融の世界」を無理やりはめ込んでしまっているのだとも言えます。

以上の説明が誤っていると思う人には、イングランド銀行にインチキ解説の撤回と訂正を要求することをお勧めします。もちろん、その前に"Money creation in the modern economy "の全文を読むことが必要です。

日本銀行 (ちくま新書)

日本銀行 (ちくま新書)

*1:下線は引用者。

*2:需要に応じて供給しなければ、リーマンショックのような「銀行のデフォルト→金融市場の機能不全(最悪は決済システムの破綻も)→経済大混乱」が発生します。このような事態を避けることが中央銀行の使命です。

*3:赤は引用者、以下同。

*4:『金融研究』第18巻第3号(1999年8月発行)

*5:下線は引用者。

広告を非表示にする