読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

世界経済の長期トレンドに関するGoodhartの論考

永続停滞(Secular Stagnation)に関するGoodhartの論考の紹介です。

There has been a long-term downward trend in the share and strength of labour in national income, which is depressing both demand and inflation. This has prompted ever more expansionary monetary policies. While understandable, indeed appropriate, within a short-term business cycle context, this has exacerbated longer-term trends, increasing inequality and financial distortions. Perhaps the most fundamental problem has been over-reliance on debt finance (leverage).

「?→労働分配率の趨勢的低下→需要不足&インフレ率低下」が、

  • 金融政策の拡張バイアス
  • 財政政策の拡張バイアス
  • 負債依存型の経済成長(→バブル化の危険)
  • 格差拡大

などをもたらしたと分析しています(詳しくは本文を)。

「?」についてはグローバル化や技術進歩などを可能性として挙げるにとどまっていますが、これに関してはSmithersが(本人によれば最後になるかもしれない)著書で指摘している経営者報酬の方式変化の影響が大きいのではないかと思われます。*1

The Road to Recovery: How and Why Economic Policy Must Change

The Road to Recovery: How and Why Economic Policy Must Change

経営者報酬が株価や一株益に連動するようになった→株価引き上げのための自社株買い増加→投資水準低下→成長率低下、の構造が出来上がったという指摘です。

f:id:prof_nemuro:20141102195205g:plain

Smithersの分析が正しいとすれば、永続停滞に対して財政出動量的緩和は的外れであり、経営者報酬の構造改革が必要になります。*2


大恐慌研究者による財政出動のすすめ - Think outside the box

Goodhartのもう一つの論考も興味深い内容です。

The almost inevitable conclusion is that real rates of interest will reverse from their present decline, and go back up. The current negative real rate of interest is not the new normal; it is an extreme artefact of a series of trends, several of which are coming to an end. Where might real interest rates reach? By 2025 they should have returned to the historical equilibrium value of around 2½–3%, with nominal rates therefore at 4½–5%, perhaps somewhat higher by 2050. 

世界的な高齢化と労働力人口の伸び低下(日本やヨーロッパ、中国では減少へ)→扶養比率のトレンド反転→実質金利の低下トレンドが反転=過去の水準に戻る、という予測です。

世界に先駆けて高齢化・労働力不足減少社会に突入した日本にとっては気になる予測です。超低金利はいつ反転するのでしょうか。

f:id:prof_nemuro:20141104200709g:plain

*1:Smithersは多くの経済学者がこれを見落としていることに批判的です。

*2:金融政策や財政政策の限界が見えてきた日本にも、企業行動を変える構造改革が必要と思われます。