Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ロシアの女余り・中国の男余り

「ロシアは男性不足」という記事があったので、参考情報を。

出生時は男>女ですが、20代では差が縮小し、30代以降では女>男になっています。

f:id:prof_nemuro:20141113220411g:plain

その理由は、男の死亡率が高いことです*1。現在50代前半の世代の男は、既に約2割が死んでいることになります。平均寿命も男64.56歳、女75.86歳と11.3歳も差があります(2012年)。なお、2013年の日本では差は6.4歳です。*2

エマニュエル・トッドは2002年の著書で次のように指摘していました。

帝国以後 〔アメリカ・システムの崩壊〕

帝国以後 〔アメリカ・システムの崩壊〕

ロシアは依然として貧しく、極めて暴力的であり続けてもいる。この社会は90年代の終わり頃には、殺人率が極めて高く、同時に自殺率も極端に高いという、おそらくは世界でも希な社会の一つであった。殺人率は人口10万人に対して23、自殺率は人口10万人に対して35で、世界でも最も高い率を示している。 

ロシアの男性の平均寿命が極めて短いのは、大部分は自殺と殺人によって説明が付く。

2013年には殺人率は10、自殺率は20に半減していますが、高水準であることに変わりはありません*3。それに加えて、アルコールの飲み過ぎによる「自己破壊」も男に多い死因です。


Russian men losing years to vodka | World news | theguardian.com

弱肉強食の世では、女よりも男に強い淘汰圧が働くということでしょう(←金持ち男は一人の女では満足しない)。ロシアでは"have-nots"男が淘汰されやすいわけです。


A Day In The Life Of A Russian Oligarch - Business Insider


Who wants to marry a billionaire? Russia's 'It' girls reveal secrets - Europe - World - The Independent 

…, it is designed to appeal to millions of young girls looking for their "Prince Charming" in a country where the gap between the haves and have-nots is staggering and growing wider by the day.

お隣の中国では逆に男余りが深刻なので、補完関係にあるかと思ったところ、既に現実となっていました。

女が男にカネ(経済力)を求めるのは万国共通のようです。自分で稼ぐよりも、稼ぐ男をゲットする戦略を好むのは、進化の過程で遺伝子に刻み込まれた本能的なものでしょう。

Russian women keen to snare their very own oligarch and live wealthily ever after have been thrown a lifeline with the publication of a female gold-diggers' manual telling them how to get their man. 

下のグラフは日本の18歳以上50歳未満の独身者を対象とした調査結果。

f:id:prof_nemuro:20140831181917g:plain

 

おまけ


中国の不動産バブルと愛人の深い関係 - Think outside the box

*1:映画『ひまわり』では、ソ連の若い女マーシャは助けたイタリア兵アントニオと結婚しますが、ソ連の男が大量に戦死して男不足になったことの反映でしょう。

*2:出所はロシア連邦統計局と厚生労働省

*3:同年の日本はそれぞれ0.3と20.7。