読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

消費税率引き上げ:前回と今回の比較

アベノミクス

7-9月期の実質GDP(1次速報)は年率-1.6%でした。民間在庫品増加の寄与度-2.6%が響いています。*1


GDP7─9月期は2期連続マイナス、増税延期を補強する材料に | Reuters

日本銀行がインフレ目標を掲げて金融機関から国債を大量に買い入れ、代金を日銀当座預金口座に積み上げれば、民需主導で安定高成長が実現するはずだったのですが、一体どうしたことでしょうか。岩田副総裁は昨年8月の講演で「おまじない」の効き目に自信を示していたのですが。

これまでデフレと需要縮小の悪循環に陥っていた日本経済は、緩やかで安定的な物価上昇と需要の拡大という好循環に向けて、いままさに舵を切ったところであると言えるでしょう。

「人々の期待に働きかける」という私の説明を聞いて、おまじないのような話だと思われた方もいらっしゃるかも知れません。しかし、金融政策というのは本来、「人々の期待に働きかけること」を通じてその効果を発揮するものなのです。*2

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

f:id:prof_nemuro:20141118123704g:plain

公的需要の伸びが一段落した一方で、民間需要はアベノミクス始動前の水準に逆戻りしています。

f:id:prof_nemuro:20141117124214g:plain

公共投資は横ばい、設備投資は「悪くはないが良くもない」状況、住宅投資は落ち込みが続いています。

f:id:prof_nemuro:20141117125235g:plain

家計消費は、1997年度の消費税率引き上げ時よりも落ち込みが大きく、リバウンドは小さくなっています。

f:id:prof_nemuro:20141117130001g:plain

名目値では、リーマンショック前の水準回復にとどまっています。

f:id:prof_nemuro:20141117131506g:plain

前回と今回の消費税率引き上げ時の環境の違いは、前回は「家計は比較的強いが金融システムが危機的」だったのに対して、今回は「金融システムは健全だが家計が弱っている」ことです。家計の「基礎体力」の低下は、幾つかの指標からも明らかです。

  • 名目雇用者報酬:ピークを迎えた局面⇔ピークから40兆円減少した水準からの緩やかな回復局面
  • 実質賃金:ピークを迎えた局面⇔長期低下トレンドの最中
  • 家計貯蓄率:1996年度8.1%⇔2012年度1.0%
  • 生活保護(保護率):最低水準⇔1960年代の水準に逆戻り

f:id:prof_nemuro:20141117203930g:plain

f:id:prof_nemuro:20141117133355g:plain

f:id:prof_nemuro:20141117151327g:plain

f:id:prof_nemuro:20141117133908g:plain

と、負担増への抵抗力は確実に低下しています。

1997年度の景気後退が激しかったのは、財政と金融行政の引き締めが金融危機を誘発したためであり、金融システムが健全であれば消費税率引き上げを乗り切れた可能性が高かったと考えられます。しかし、家計の体力が低下した現状における5%→8%→10%への引き上げは、日本経済のアキレス腱を狙い撃ちするようなものです。「ラクダの背を折る藁」になりかねません。

所得税法人税を減らして消費税と社会保険料を増やす「改革」が妥当なのかどうか、再考する必要がありそうです。*3

f:id:prof_nemuro:20141116233817g:plain

税金は金持ちから取れ

税金は金持ちから取れ


1997年の二の舞は避けられる:日経ビジネスオンライン

 

おまけ:気骨のある“有識者”達


消費増税判断の4回目点検会合、予定通り実施に6人賛成・2人反対 | Reuters


【GDP速報値】「悪い数字ばかりではない」 大和総研の熊谷亮丸氏 - 産経ニュース

 

関連記事


消費税率引き上げ延期と積み残された課題 - Think outside the box


1997年度の景気後退 - Think outside the box


低成長率の原因~デフレより人口減少 - Think outside the box


デフレ冤罪説の総括 - Think outside the box

*1:12月8日公表予定の2次速報で上方修正される可能性も十分ありますが。

*2:「量的・質的金融緩和」のトランスミッション・メカニズム ―「第一の矢」の考え方― 日本銀行副総裁 岩田規久男 2013年8月28日

*3:とはいえ、再考される見込みはゼロですが。