読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

経団連と国際公約

なぜ世界一の対外債権国が、自国の財政を国際公約にしなければならないのか意味不明です。


プライマリーバランス目標は国際公約、何が何でも実現を=経団連会長 | Reuters

そもそも、巨額の財政赤字は、企業部門資金余剰の裏返しです。

f:id:prof_nemuro:20141125200816g:plain

したがって、企業部門資金余剰を縮小すれば(または資金不足に戻れば)、財政赤字は縮小します。


日本からユーロ圏への警告:JBpress(日本ビジネスプレス)

政府が景気を再度落ち込ませることなく財政赤字を減らせるようになるのは、唯一、他部門において収入に対する支出の割合が高まる場合に限られる。具体的には、純輸出が拡大するとか、企業の投資が増えるとか、企業から家計への所得移転が行われて家計の消費が伸びるといったパターンが考えられる。

まずは自ら

今後、経済界としては、収益拡大を雇用拡大・賃金拡大につなげていきたいとした。 

を「何が何でも実現しなければならない」国際公約にすればよいのではないでしょうか。*1

*1:経団連会長は、企業部門の行動が財政収支に影響することを理解していない?

広告を非表示にする