読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

麻生財務大臣の「子供を産まないのが問題」発言

少子化・ジェンダー

麻生財務大臣の「子供を産まないのが問題」発言を問題化しようという動きがあるようです。


麻生財務相「子を産まない方が問題だ」 社会保障費巡り - 選挙:朝日新聞デジタル


麻生財務相:子ども産まない方が問題…社会保障費巡り発言 - 毎日新聞

しかしながら、社会保障制度や経済社会にとって、高齢化よりも少子化がより大きな問題であることは紛れもない事実です。

高齢者が増えても労働力人口が減らなければ、生産性向上で負担増をカバーできますが、少子化が進行すれば、やがて社会全体が立ち行かなくなってしまいます(日本消滅)。

麻生発言に反発する人は、「子供を産ないのではなく産ない」「若者の雇用・所得環境を悪化させた(≒産めなくした)政治の責任」と認識しているのかもしれませんが、これは事実誤認です。もちろん、個々にはそのようなケースはあるものの、出生率低下の主因は男女雇用機会均等化に代表される男女の同等化です。男女の役割に違いがあれば、相互補完するためにカップリングが促進されますが、違いがなければカップリングする必要がなくなるので、非婚化・少子化が促進されてしまうわけです。

事の良し悪しは別として、女の経済力上昇→非婚化→少子化は多くの国に見られる現象であり、日本固有のものではありません。 リベラル派は「女が抑圧されている→少子化」という因果関係を主張したいようですが、現実はその逆で、「女が輝く」から非婚化・少子化が進むのです。

有効な少子化対策を打ち出すためには、まず「男女同等化は非婚化・少子化の促進要因」という不都合な真実を認めることが必要です。*1


香港女性の不毛な「いい男」取り競争 - Think outside the box


過当競争が非婚化と少子化を招く - Think outside the box


「女子の自立天国」シンガポールは日本のモデルになり得るか - Think outside the box


「草食系男子と負け犬女子」が生まれる構図 - Think outside the box


日本の女が(相対的に)幸せな理由 - Think outside the box

*1:雌にとっての雄の魅力(選ぶ基準)は「食・住を提供すること」ですが、男女同等化≒男の相対的経済力低下はその魅力の低下につながるため、「恋愛能力」に劣る男が淘汰されやすくなります。【香港女性の不毛な「いい男」取り競争】で紹介している香港事情も参考に。“But in contemporary Hong Kong society, there’s an expectation for marriages to be based on love and romance. So if the man’s merely hard working, that may not be enough. He also needs to be romantic and the couple needs to have chemistry.”