Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

中央銀行がはまった罠

昨日の記事の続き(補足)です。


Central bank prophet fears QE warfare pushing world financial system out of control - Telegraph

ホワイトの見方によると、金融政策に対する過大な期待と、中央銀行がその期待に応えようとしたことが金融危機の根底にあります。*1

Mr White said central banks have been put in an invidious position, compelled to respond to a deep economic disorder that is beyond their power.

The painful irony is that central banks may have brought about exactly what they most feared by trying to keep growth buoyant at all costs, he argues, and not allowing productivity gains to drive down prices gently as occurred in episodes of the 19th century. "They have created so much debt that they may have turned a good deflation into a bad deflation after all."

過大な期待に応えようとする→過度の緩和スタンスが常態化→民間負債の増大(対GDP比で)→資産価格のバブル化→バブル崩壊→過度の金融緩和→…というトラップから脱け出せなくなったということです。

Mr White's warnings are ominous. He acquired great authority in his long years at the BIS arguing that global central banks were falling into a trap by holding real rates too low in the 1990s, effectively stealing growth from the future through "intertemporal" effects.

He argues that this created a treacherous dynamic. The authorities kept having to push rates lower with the trough of each cycle, building up ever greater imbalances, in an ineluctable descent to the "zero bound", where monetary levers stop working properly.

実際、アメリカの失業率は民間借り入れ(debt market borrowing)と密接に連動しています。負債の積み上げこそ景気拡大の原動力だったことが示唆されます。

f:id:prof_nemuro:20150125204350g:plain

負債増大による景気拡大が終わると、薬物中毒患者のように、次にはさらに強力な刺激(低金利)が必要となります。これを繰り返した結果が劇薬=ゼロ金利量的緩和です。

f:id:prof_nemuro:20150125201403g:plain

この見方が正しいとすれば、中央銀行は多くの経済学者が考えていたほど全能ではない、ということになります。


Vítor Constâncio: "We are certainly not almighty"- interview with Börsen-Zeitung 

先進国の金利低下は、これまでの中央銀行の政策が限界に突き当たったことを示しているのでしょうか。

f:id:prof_nemuro:20150121225935g:plain

追記

ピケティの見方もホワイトと共通します。*2


ピケティが指摘するアベノミクスの弱点 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

金融政策は魅力的だろう。何十億円もの紙幣を印刷するのは簡単だからだ。

紙幣を印刷しても、何らかの利子率を下げたりすると、特定のセクターがバブル化したり、必ずしも富ませるべきでない人を富ませることになったりする危険がある。


William White: Are Central Banks Trying To Do Too Much? | The Institute for New Economic Thinking


ホワイトが金融危機の再来を警告 - Think outside the box

*1:少し前であれば、ホワイトも日本のリフレ派から「バカ」「頭が悪い」などと罵倒されたでしょう。

*2:ピケティもリフレ派に「頭が悪い」認定されるのでしょうか。