読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ギリシャと日本の'Internal Devaluation'

ドイツの賃金上昇率(→単位労働コスト上昇率)が低すぎることが、ユーロ危機の根本にあるとクルーグマンが書いています。

What we see is that Italy is somewhat out of line — but the real standout is Germany, which has had much too little wage growth. And this in turn suggests that if we’re looking for the key to European problems, it lies in Germany’s beggar-they-neighbor relative wage deflation — which is indeed a point made by economists like Francesco Saraceno. 

f:id:prof_nemuro:20150201112547g:plain

記事で紹介されているSaracenoは、そのドイツも日本には負けていると指摘しています。

Labour Costs: Who is the Outlier? | Sparse Thoughts of a Gloomy European Economist 

In fact the only line that is clearly visible is the dotted one, Germany, that stands as the exception. Actually no, it was beaten by deflation-struck Japan.

日本の製造業の「賃金上昇率≒生産性上昇率」の関係は、1990年代末から途切れています。1997~98年の金融危機を契機に、企業が行動様式を大転換したことが示されます。

f:id:prof_nemuro:20150201112548g:plain

生産性上昇が持続する一方で賃金上昇は抑制されたため、円建ての単位労働コストは低下しています。そのため、円高でもドル建ての単位労働コストは1990年前後の水準以上への上昇を回避しています。

円の過大評価が解消されないために、輸出企業が賃金抑制で輸出競争力を回復しようとした結果と考えられます。

f:id:prof_nemuro:20150201112550g:plain

要するに、日本もギリシャと同じく'internal devaluation'をやったわけです。

“Internal devaluation” via falling wages is incredibly costly — but Greece has been paying incredible costs, and has achieved a sharp fall in relative wages:

'Internal devaluation'は、企業を「増益でも人件費を抑制する」体質へと変えました。これが日本経済の成長を阻害する構造要因となっています。

f:id:prof_nemuro:20150201125003g:plain

変動相場制にもかかわらず、円高是正ではなく'internal devaluation'をやったことが"incredibly costly"だったことは間違いないでしょう。


円安かデフレスパイラルか、日本の分岐点だった1998年夏 - Think outside the box

賃上げはなぜ必要か: 日本経済の誤謬 (筑摩選書)

賃上げはなぜ必要か: 日本経済の誤謬 (筑摩選書)