読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

リフレを否定するピケティ

本日の日本経済新聞に掲載されたインタビューで、ピケティが「日本には物価の反転上昇と出生数増加が必要」と指摘する一方、「お札を刷ること(→ブタ積み増)は資産インフレを招きかねない」と否定的な見方を示すことで、「頭が悪い」ことを丸出しにしています。

同様の内容を他メディアにも語っているので、間違いないでしょう。


失われた平等を求めて 経済学者、トマ・ピケティ教授:朝日新聞デジタル

円やユーロをどんどん刷って、不動産や株の値をつり上げてバブルをつくる。それはよい方向とは思えません。特定のグループを大もうけさせることにはなっても、それが必ずしもよいグループではないからです。


ピケティが指摘するアベノミクスの弱点 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

日本にとっては、欧州や米国と同じように、金融政策は魅力的だろう。何十億円もの紙幣を印刷するのは簡単だからだ。

紙幣を印刷しても、何らかの利子率を下げたりすると、特定のセクターがバブル化したり、必ずしも富ませるべきでない人を富ませることになったりする危険がある。

金融緩和の効果を'nil'と断じるスティグリッツも'stupid'です。


The Politics of Economic Stupidity by Joseph E. Stiglitz - Project Syndicate

The problem is that low interest rates will not motivate firms to invest if there is no demand for their products. Nor will low rates inspire individuals to borrow to consume if they are anxious about their future (which they should be). What monetary policy can do is create asset-price bubbles. It might even prop up the price of government bonds in Europe, thereby forestalling a sovereign-debt crisis. But it is important to be clear: the likelihood that loose monetary policies will restore global prosperity is nil

ECBの量的緩和に否定的なドイツのifo経済研究所の所長ジンも「頭が悪い」こと確定でしょう。


Warning! Volatility may await if ECB launches QE

"He (ECB President Mario Draghi) will do it, and what will the markets do, they will happy to be able to sell the government bonds, which they consider as partly toxic and they will have a lot of cash. What will they do – they will buy real estate, there could be a revival of the real estate market but they will primarily try to take it abroad. And they have already begun doing that - what you see in Switzerland," Sinn told CNBC.

バーナンキリーマンショック後の2008年12月のFOMCで、日本の量的緩和にネガティブな評価をしていました。

The Japanese approach, the quantitative easing approach, was focused on the liability side of the balance sheet—specifically the quantity of bank reserves, the monetary base, or however you want to put it, in the system. […] Again, the focus of the quantitative easing was on the liability side, and indeed, there were targets, as you know, for the amount of excess reserves or reserves in the system. I think that the verdict on quantitative easing is fairly negative.

イェレンも同調していました。Fedの前・現議長は、マネタリーベースや日銀当座預金残高を目標にブタ積みを増やしていくことの意義を理解できない「頭が悪い」人ということになります。

As Japan found during its quantitative easing program, increasing the size of the monetary base above levels needed to provide ample liquidity to the banking system had no discernible economic effects aside from those associated with communicating the Bank of Japan’s commitment to the zero interest rate policy. I think my views on this mirror those that you expressed in your opening comments, Mr. Chairman.

ところでピケティは、インフレ反転の手段として「公務員の賃上げ」を提唱しています。朝日新聞のインタビューにも同じことを答えていました。

インフレ率を上昇させる唯一のやり方は、給料とくに公務員の給料を5%上げることでしょう。

実質賃金を下げる必要性を理解していないことを丸出しです。「頭が悪い」こと確定です。


浜田宏一・内閣官房参与 核心インタビュー「アベノミクスがもたらす金融政策の大転換インフレ目標と日銀法改正で日本経済を取り戻す」|論争!日本のアジェンダ|ダイヤモンド・オンライン 

…が、リフレ政策と言えます。

よく「名目賃金が上がらないとダメ」と言われますが、名目賃金はむしろ上がらないほうがいい。名目賃金が上がると企業収益が増えず、雇用が増えなくなるからです。それだとインフレ政策の意味がなくなってしまい、むしろこれ以上物価が上昇しないよう、止める必要が出て来る。


亀井氏の正しい日銀批判 | PHPビジネスオンライン 衆知|PHP研究所

さて、この処方箋は簡単だ。インフレ期待を起こせばいい。これほど簡単なことはない。日本銀行がお金をいっぱい刷り、これからも当分そうしますよ、といえばいい。 

「これほど簡単なこと」も理解できない「頭が悪い」経済学者がもてはやされるのは困ったことです。

21世紀の資本

21世紀の資本


安倍首相の賃上げ要請とクールビズ作戦 - Think outside the box


クルーグマン"It's Baaack"は「誤解だぁっ!」 - Think outside the box


ホワイトが金融危機の再来を警告 - Think outside the box


中央銀行がはまった罠 - Think outside the box

以上、ブタ積み派を代弁してみました。