読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

日銀が国民の借金を減らしてくれる

日本銀行の審議委員候補の原田泰(早稲田大学教授)のユニークな理論が話題になっています。


さらに金融緩和を、国債まだ買える 原田泰・早大教授:朝日新聞デジタル

「日銀は国債をコストをかけずにただで買っている。10兆円分の国債を購入して、仮に2割損してももうけは8兆円ある。日銀の利益は国庫に渡ってきた。国債の価格が下がっても、財務省が埋めればそれでいいだけだ」 


インタビュー:日銀は景気重視を、国債買入増も選択肢=早大教授 | Reuters

国債買い入れの増額について「国民の借金を日銀が減らすことだ。誰も困らず公平である」とした。さらに「金融政策には経済を刺激する効果がある。財政政策の効果は小さいから、金融政策のみ実施して、財政発動をしなければ、金融政策の効果で税収が増大し、結果的に財政再建につながる」と主張した。


日銀審議委員に早大教授の原田泰氏を提示-宮尾氏後任-政府 - Bloomberg

原田氏は2002年2月、ブルームバーグ・ニュースのインタビューで「700兆円近い国と地方の長期債務残高があるが、日銀がそれを全部買ったらどうなるか。必ずインフレになる。途中で止めれば、ちょうど良いインフレになる。それだけのことだ。たとえば、インフレが2、3%になるまで、という制約を付けて買っていけば、デフレは終わる」と述べている。

若田部も同じ理論を信奉しているようです。


日銀法改正でアベノミクス再起動 若田部昌澄・早大教授:朝日新聞デジタル

政府と一体と考えられる日銀が持っている国債260兆円は国のバランスシートから落とせる。政府が利子を払う相手は日銀になるので、日銀はそれを納付金として国庫に納めるだけになる。そうすると負債は270兆円弱でGDPに対して57%ぐらいだ。だから、日本では財政破綻(はたん)が誇張されすぎている感じがする」

利付国債を無利子・無期限の銀行券or当座預金と交換してしまえば、政府の負債が減ったのと同じこと、というロジックのようです。日本に「ヘリコプター・マネー」を勧める英FSA元長官のターナー言うところの"debt write-off"です。


Adair Turner says that some central banks, particularly Japan's, will never shrink their balance sheets. - Project Syndicate

Even as permanent monetization occurs, however, the truth may be obfuscated. If government bond repayments to the BoJ continued, but were always offset by new BoJ bond purchases, and if the BoJ kept the interest rate on reserves at zero, the net effect would be the same as a debt write-off, but the fiction of “normal” central-bank operations could be maintained.*1

もっとも、日銀の 国債買い入れと同時に増えているのは、金利0.1%の超過準備です。

f:id:prof_nemuro:20150207234942g:plain

f:id:prof_nemuro:20150207234944g:plain

統合政府からの資金流出を防ぐために超過準備への付利をゼロにすると、銀行等の金利収入が失われてしまいます(170兆円×0.1%=1700億円)。銀行が預金金利引き下げや手数料引き上げで対応すれば、預金者(≒国民)には負担増になります。「日銀が借金を減らしたくれたのでハッピー」とは行きません。

f:id:prof_nemuro:20150207234945g:plain

f:id:prof_nemuro:20150207234947g:plain

原田・若田部と同じくリフレ派学者だった岩田副総裁は、最近になって発言内容を大きく変えていますが、原田教授もそれに倣うことになるのでしょうか。


岩田氏:BEIには欠陥、それだけで予想インフレ判断は危険 - Bloomberg

岩田副総裁は就任前の2013年3月4日の講演で「当座預金残高が10%増えると予想インフレ率は0.44ポイント上がる」と述べたと報じられた。当時44兆円程度だった日銀の当座預金残高は足元で185兆円と4倍上に達している。

当時の発言との整合性を問われ、岩田副総裁は「予想インフレ率は日銀の金融政策の重要なキーポイントだが、これをどうやって測るかは非常に難しい。日本の場合、BEIに対する信頼性が米欧と比べてどれだけあるかという点は問題になっていて、市場が非常に小さく、取引関係者が限られているので、そういう問題点があった」と指摘。 


物価連動国債 : 財務省 

リフレは正しい アベノミクスで復活する日本経済

リフレは正しい アベノミクスで復活する日本経済


国の借金は減っている? - Think outside the box


QQEとMMT - Think outside the box

*1:強調は引用者