Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

創造論とヨーロッパの知的退行

立場が正反対のはずのフランス人2人へのインタビューから、ヨーロッパ社会の混迷の深刻さが伝わってきます。混迷の源は、ヨーロッパのエリートが「異質な人々との共生が可能」「共生に反対する者はレイシスト」という空想的イデオロギーに取り付かれたことにあります。


(インタビュー)フランス社会の混迷 マリーヌ・ルペンさん:朝日新聞デジタル


(インタビュー)分断される世界 仏人類学・歴史学者のエマニュエル・トッドさん:朝日新聞デジタル

ヨーロッパの知的退行を示すその他の現象として注目されるのが、創造説(creationism)の浸透です。


Contesting Evolution: European Creationists Take On Darwin - SPIEGEL ONLINE


Scientists warn: creationism is on the rise in Europe | ScienceNordic

"Over the last ten years we’ve seen the emergence of big-city creationism. London is a good example," says Kjærgaard.

スティーヴン・ジェイ・グールドは、先進国で創造説の支持者が多いのはアメリカだけと考えていましたが、今や事情は変わりつつあるようです。

Creationism in Europe (Medicine, Science, and Religion in Historical Context)

Creationism in Europe (Medicine, Science, and Religion in Historical Context)

  • 作者: Ronald L. Numbers,Stefaan Blancke,Hans Henrik Hjermitslev,Peter C. Kjærgaard
  • 出版社/メーカー: Johns Hopkins Univ Pr
  • 発売日: 2014/10/21
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る

As the late Stephen Jay Gould assured non-Americans in 2000, creationism, though “insidious,” had remained confined to the United States; indeed, in his opinion, it had remained largely “a local, indigenous, American bizarrity”.

2007年には欧州協議会の議員会議が「決議1580」"The dangers of creationism in education"を採択していますが、その際に宗教界からの抵抗があり、当初案からトーンダウンしたとのことです。

The resolution did not pass unanimously. The Vatican, the European Evangelical Alliance, and the Islamic Science Research Foundation (BAV) lobbied against the resolution and exerted considerable influence on the conservative members of the council.

下は「決議1580」の一部です。進化論(科学)が創造論(信仰)に取って代わられる危険性を訴えていますが、この一見すると「科学的」なスタンスが、今日のヨーロッパの混迷の元凶になっていると考えることも可能です。

1. The aim of this resolution is not to question or to fight a belief – the right to freedom of belief does not permit that. The aim is to warn against certain tendencies to pass off a belief as science. It is necessary to separate belief from science. It is not a matter of antagonism. Science and belief must be able to coexist. It is not a matter of opposing belief and science, but it is necessary to prevent belief from opposing science.*1

3. Creationism, born of the denial of the evolution of species through natural selection, was for a long time an almost exclusively American phenomenon. Today creationist ideas are tending to find their way into Europe and their spread is affecting quite a few Council of Europe member states. 

7. There is a real risk of serious confusion being introduced into our children’s minds between what has to do with convictions, beliefs, ideals of all sorts and what has to do with science. An “all things are equal” attitude may seem appealing and tolerant, but is in fact dangerous.

というのは、今日のヨーロッパでは、下の記事のような、人間には個人差はあるが男女など集団間には差が存在しない("all things are equal")という非科学的な信仰(political correctnessイデオロギー)が支配しているためです。


男性は数学に、女性はマルチ行動に優れているのか? - SWI swissinfo.ch 

生殖機能において、男女の脳には違いがあるが、いわゆる知的機能や認識、例えば言語能力、記憶力、理論形成力などでは、男女の脳に全く差がない。つまり、差はむしろ男女間というより個々人の間にある。

「決議1580」の"creationism"を「男女差や人種差は存在しない」に置き換えると、面白いようにうまく当てはまります。「男女差や人種差は存在しない」という信仰(イデオロギー)が科学を否定している以上、別の信仰=創造論が浸透しても何ら不思議ではありません。

過去記事にも書きましたが、ヨーロッパの脱キリスト教化は、科学的思考の勝利を意味したのではなく、"PC教"への改宗に過ぎなかったのでしょう。

キリスト教共産主義を受容しなかったように、破綻が見えてきたPC教を受容しないことが、日本社会のためになるでしょう。


ノルウェーのクォータ制とヨーロッパの「上からのPC教化」 - Think outside the box


女性役員登用に執着するヨーロッパの天動説的イデオロギーの危険性 - Think outside the box


欧米文系知識人の限界:『国家はなぜ衰退するのか』 - Think outside the box

脳と性と能力 (集英社新書)

脳と性と能力 (集英社新書)

*1:下線は引用者、以下同。